伝説のコント師・フォークダンスDE成子坂のすごさとは。ネプチューンら同世代芸人たちが語る(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】さまぁ~ず三村がツッコミの見本にした夭逝の天才を語る


『お笑い実力刃』

なんと「フォークダンスDE成子坂特集」。彼らを語るのが、爆笑問題・太田、ネプチューン、さまぁ~ず三村、伊集院光、土田晃之、ますだおかだ増田、くりぃむしちゅー有田、バイきんぐ小峠、スタジオではレギュラー陣に加えて古坂大魔王というのが彼らのすごさを物語る。

それがけっして思い出補正のようなものではないのは、今回、放送されたコント(桶田が青いタオルを顔に巻いただけでドラえもんを表現した『ドラえもん』、今の東京03を彷彿とさせるシチュエーションコント『彼女のお兄さん』、『絵描き』、『取り調べ』、『音楽補習』)が、どれも今観てもまったく古さを感じさせずおもしろいことが証明している。

デビュー当時の彼らを有田は「すごくアイドル的な人気があった。特に桶田くんなんて二枚目だし。正直、僕らの世代って斜に構えてトガってる時代で、ほかのコンビがなんかやってても笑わない。なので、『はいはい、ワーキャーの芸人かい、どうぞどうぞ一瞬で消えるんでしょ?』みたいな感覚で噂は聞いてたんです。

ただやっぱネタ見て本当におもしろい。もしかして作家さんが書いたのかな?って。でも2本目も3本目も全部おもしろい。素直に天才だなって思いましたね。ヤバいって。人気もあってキャラクターもあってネタもおもしろい。とんでもない芸人が現れたって思いましたね」と振り返る。

ボケの桶田敬太郎については、それぞれこう評している。

土田「初めて見た芸能人。同じ深夜番組にレギュラーで出てたんですけど、爆笑問題もネプチューンもくりぃむしちゅーも電車で通ってた。桶田敬太郎は颯爽とJeepで来た(笑)。桶田さんの発想はスゴかったし、ちょっと恥ずかしくて話せない感じ。俺のことなんてなんとも思ってないんだろうなって。だから有田哲平が桶田敬太郎と話しているところを見ると、なんかすげぇセンスの話してるんだろうねって(笑)」。

有田「桶田がどういうボケなんだろうって興味持って観るんですが、まだ始めて1~3年程度で、どしっとしてるんですよね。自分のボケとか笑いとかこういうのが好きとかがハッキリしてる。百戦錬磨の先輩みたい」。

名倉「何気ないボケのひと言がスゴいセンスがいい。でも大爆笑っていうんじゃなくてずーっと引きずって家帰っても笑える」。

太田「発想が誰も考えないようなこと。普段の会話からワケわかんない。会話がつづかないんですよ。ボケてばっかりいるから。だから……話さなくなっちゃった(笑)」。

スタジオの古坂も「(桶田は)自分が楽しいからやってる。それがうらやましくて。(本来)ウケたいじゃないじゃん。まずはやりたくてやってんじゃん。それを実践して、渚さんが笑いに変えてたの。逆に言うとあの人(渚)がいると何をやってもOKだなって安心感もある」と語る。

そんなツッコミの村田渚についてはこう語る。

ホリケン「一線引かれて分析されてる感じ。初対面で『ここはお笑いの戦場だから』って顔されたのが、海砂利水魚もそうだったし、あと天野っちね、そういう感じ出してくる人はバーっといってるから」。

名倉「渚のツッコミはスゴい才能。普段から誰見てもツッコむ。ストイックさがありましたね」。

有田「ポカンとしたボケをやっても必ず渚が入ってきてそれをちゃんとわかりやすくする」。

三村「関西のドンッ!ってツッコミがうらやましくて。渚は関西寄りの三重。ためてためて、我慢して我慢して、違うだろー!ってあの感じのツッコミが、一緒にいろんな舞台回って密かに俺も手に入れたアイテム」。

小峠「ツッコミでもこんなに笑いが取れるんだっていうのを一番最初に目の前で見せていただいた。ネタ見せのひとネタ見ただけで衝撃を受けたのを覚えてますね。あの人のツッコミのすごさって間だと思うんんですよね。ちょっとためてバーンってやる」。

最後に太田がラジオでも語っていた桶田の最期を語る。この番組では、たびたびフォークダンスのことが話題に上がっていたが、その果てにこんな意義深い特集をやってくれて本当によかった。

『やすとものいたって真剣です』

インディアンス、ゆにばーす、モグライダー、ランジャタイ、敗者復活戦に挑んだニューヨーク、見取り図を招いて『M-1』振り返り。

オープニングからABCの豊富なアーカイブを駆使した気合いの入った映像。そして、決勝後、各所で語られたモグライダーともしげが当日、鼻血を出してネタ合わせできなかったときや、錦鯉の優勝決定時、モグライダー、ランジャタイ、真空ジェシカが舞台裏でハイタッチしたときなど、実際の映像が流れるのが本当にスゴいし、とてもいいシーン。

川瀬名人が微笑んでいたという証言に対し本人は「僕は優勝したいですけど、『M-1』アスリートである前に、『M-1』ファンですから! そりゃ優勝者が錦鯉さんってなったらめちゃくちゃうれしいですよ。それで確かに微笑んでました。じゃあ、(敗者コメントで)『風俗行く』って言ってた川瀬はなんだって言われたら、どっちも自分!」。

オズワルドが1本目に頭ひとつ抜けたときのことを振り返り「盛り上がらなかったねって言われるの嫌だなって。誰か爆発しろってずっと思ってた」と芝。川瀬も「自分の出た年、おもろなかったって絶対言われたくない」と、屋敷も「確かに変な連帯感ありますよね。みんなでええ大会にしようぜみたいな」と語る。

『M-1』のPVでも、錦鯉・渡辺がランジャタイに「最高の大会にしような」と声をかけていたけど、このあたりが『M-1』がただの賞レースではなく、日本最高峰のお笑い番組なんだろうなと思う。


明日観たい番組:『出川・爆問田中・岡村のスモール3』に明石家さんまなど

『お笑いアカデミー賞2021』(TBS)「最優秀多忙賞」「最優秀かくし芸賞」「最優秀バズりゲーム企画賞」「最優秀話題賞」「最優秀ドラマ演技賞」「最優秀福男芸人賞」。

『出川・爆問田中・岡村のスモール3』(フジ)明石家さんま、菅田将暉、ウルフ・アロン。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジ)「2021おもしろ流行語大賞」。

『マツコ会議』(日テレ)ROLAND。

『千鳥かまいたちアワー』(日テレ)ZIP。

『霜降りバラエティX』(テレ朝)「ジャンクシェフ」第二弾。

『ゴッドタン』(テレ東)「勝手にお悩み先生」後編。銀シャリ編。

『SWITCHインタビュー 達人達』(Eテレ)青木崇高×田島征三。

『週刊フジテレビ批評』(フジ)「放送作家が語る2021ベスト番組」伊藤正宏×たむらようこ×矢野了平。


この記事の画像(全1枚)


この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。