さまぁ~ず三村がツッコミの見本にした夭逝の天才を語る(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】さまぁ〜ず、ナイツ塙がお笑い賞レース審査員の苦悩を語る


『有吉の壁』

「ブレイクアーティスト選手権」では、ヒコロヒーときつねという「異色過ぎる」ユニット・レスキューライフ職員一同で「水道業者レスキューライフ」。内容もヒコロヒーの芝居メインの「BGMのBGM」のようなやはり「異色過ぎる」もの。

ヒコロヒーも演じていて不安だったそうで練習中きつねに「大丈夫ですかね?」と確認すると「大丈夫。人を笑かそうと思ってやらないで。感動さそうと思ってやってくれ」と言われたそう。

やっぱり『有吉の壁』におけるきつねのこのスタンスがこれまでのお笑いにはあまりなかった種類のキャラクターや笑いを生み出しているゆえんなんだろうなと思った。

そして、とにかく明るい安村がまたも名キャラを誕生させる。それは「ムエタイアイドル」のサーマート・パチャラ・インジワット・ムアチャイ。歌うのが「会いたい会いたいムエタイ」。有吉も「サビがよかったねえ」と称賛するキャッチーさ。

『お笑い実力刃』

「ツッコメクラブ」にゲスト出演した三村マサカズが「テレビで初めて言うかも」という後輩・フォークダンスDE成子坂の話。

もともとは「最初は俺も大竹もしゃべりが下手なんで、言葉数をいかに少なくするかを考えてコントをしてた。たとえば、大竹さんがボケたら“見る”というツッコミ」だったと。

「だけど、コロッケさんも最初は(本物の声を流して)顔のマネをするだけだったけど、だんだんやってくうちに声までうまくなっちゃったでしょ? それと一緒で舞台を経験していくうちにツッコミができるようになった」と関東を代表するツッコミができていった経緯を紐解く。

そのツッコミに見本はいたのかと問われて名前を出したのがフォークダンスDE成子坂の「夭逝の天才」村田渚。すぐ下の後輩にもかかわらず「わりと俺は渚のツッコミを参考にさせてもらった」と「後輩から学んだ」ことをハッキリ明言する三村。「渚のパワーもダブルで背負ってるので」。


『ロンドンハーツ』

パンサー尾形『情熱大陸』風番組密着ドッキリの完結編。『情熱大陸』ではなく『情熱「太」陸』だったというオチでネタばらし。

この収録が終わり、あまりにも尾形がドッキリに引っかかり過ぎることを心配し追加検証で「気づいてくれドッキリ」。この収録直後の楽屋でマネージャーからNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』のオファーが来たと報告するもの。

『情熱大陸』はまだ何組も芸人が密着されたことがあるが、『プロフェッショナル』は芸人では松本人志とサンドウィッチマンだけのはず。

現実味が薄い上、『情熱大陸』で騙された直後。さすがに「お、マジで?」と喜びつつ「ホントだよね?」と疑うも「これは本当です」というマネージャーのひと言で「めっちゃいいじゃん! 全然やるよ!」と信じてしまう尾形。

これにはさすがの菅も「俺らのほうが先に壊れますよ!」と唖然。すぐにネタバラシに行って「もっと疑ってもらわないと」と言うも「もう切り替えてますよ、もう!」と怖いほどの切り替えの早さとストレートな思考で驚異的な騙され力を持つ尾形に向井は「いつまで俺らに仕掛け人やらせるんだよ!」と激昂。

「しょうがないじゃん!」という尾形に向井「お前に『プロフェッショナル』は来ねぇーよ!(笑)」。

明日観たい番組:『ネタパレ』が70分SP、陣内×ゆりやんなど

『ザ・ベストワン』(TBS)3時間SP。

『今君電話』(Eテレ)「カンニング竹山が、あなたの話を電話で聞きます」。

『ネタパレ』(フジ)70分SP。陣内×ゆりやん、もう中学生×永野、マヂカルラブリー×囲碁将棋、くっきー!×2丁拳銃・川谷。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)「明日から使える!『怖い話』っぽい話し方講座」。

『ジロジロ有吉』(TBS)「激安セルフエステで痩せられる!?エルフ荒川の挑戦」。

『徹子の部屋』(テレ朝)に、染谷将太。『A-Stadio+』(TBS)に、天海祐希。

『おかえりモネ』(NHK)最終回。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太