Novel Coreが「影響を受けたHip-Hop」を紹介!【アオハルアルバム】

Novel Core

文=Novel Core 編集=梅山織愛


第一線で活躍するアーティストが、思い入れのある楽曲を紹介する連載企画『アオハルアルバム』

第5回は、12月15日(水)にニューアルバム『A GREAT FOOL』をリリースするNovel Coreが登場。今回、1stアルバムをリリースするNovel Coreに「影響を受けたHip-Hop」を紹介してもらう。

【関連】SKY-HIの新たなデビューアルバム『八面六臂』を“オリジナルアルバム”と“客演”という視点から読み解く


Where Is The Love?/The Black Eyed Peas

高校1年生、ちょうど僕がHip-Hopと出会った時期に、同じクラスの女の子から教えてもらった一曲です。
キャッチーかつタイトなラップで、差別や争いに対する具体的で強いメッセージを示していて、音楽が持っている “発言力”を信じるきっかけになりました。

Novel Core
高校1年生の当時、毎週高円寺の高架下で行われていたサイファーに参加していたNovel Core

 i/Kendrick Lamar

世間に対して底知れない不信感を抱いた時期に、よく聴いていました。周囲に流されず、自分を愛することの大切さを教わった一曲です。


Go For Broke/Machine Gun Kelly feat. James Arthur

『bloom』というアルバム以降のMGKのスタイルからは、音楽でもファッションでも多大な影響を受けました。これは彼の曲で一番好きな曲!

Novel Core
Novel Core
ファッションが大好きで、基本スタイリストをつけずに私服で活動しているNovel Coreの自宅

何ひとつうしなわず/BRON-K

ラップを始めたころから大好きなBRON-Kさん。
日本語で、口語的なリリックがここまでなじむラッパーはほかにいないなと。めっちゃかっこいい。

『A GREAT FOOL』より「THANKS, ALL MY TEARS」

Novel Core『A GREAT FOOL』
Novel Core『A GREAT FOOL』

このアルバムを通してはもちろん、今まで制作してきたすべての楽曲の中で、今のところ一番気に入っている曲です。

もしも自分が音楽を辞めてこの業界をリタイアしたら、もしくは自分がこの人生を今日終えてしまったら、僕のまわりの世界はどうなるんだろうと。そんなネガティブな想像が頭をよぎってしまった夜に、その夜を乗り越えた未来の自分に向けて書いた曲です。

「この人生は映画だ。不安も、挫折も、絶望も、ラストシーンをより感動的に、華やかにするために必要な1シーンに過ぎない。」と思えれば、きっとどんな壁にぶつかっても、明日に希望を捨てず、生きていけるから。 今を生きるすべての人に届けたい一曲です。


この記事の画像(全7枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ