『THE FIRST』を終えた今、RANが目指す“唯一無二の表現者”「自分にしかできないことはたくさんある」【『あの日のTHE FIRST』レポート#6】



サングラス事件!?

『あの日のTHE FIRST』ではBE:FIRSTメンバーとBMSG練習生のRUI・RAN・REIKO、さらに所属アーティスト・SHOTAの11人によるトークも収録されている。今回は、10人が思うRANの印象や「To The First」の練習中に起こった珍事件などについて話された。

Q:RANの第一印象は?

LEO 1位の子だよね。

SHOTA 「1位の子」って呼んでたもん。

RAN 全員、それ言うよね(笑)。

LEO 初めての順位発表で「1位はRAN」ってされたら、「あー、1位の子や!」ってなるよね。

RAN 1位で呼ばれた瞬間は、本当に頭が真っ白になって。正直に言うと、あのときの歌った記憶がマジでないんだよね。みんなからの視線が痛くて、「睨まれてんじゃないかな」って思ったのは覚えてるけど。

LEO みんな「こいつが1位か」って見てるもんね。

SOTA きついよな……1位のあれ、マジでやだもん。

RYOKI 俺は審査が進むにつれて、最初の順位発表でSKY-HIさんがRANを1位にした理由がわかっていったのが印象的だったな。みんなも本人も「なんでRANが1位なんだろう」って思ってた部分があったじゃん? 審査を重ねていくごとに「期待としてつけられていた1位なんだ」「そこがRANの課題だったんだ」って、本人もみんなも噛みしめてたよね。

Q:印象に残っている曲

RUI 「Move On」の<過去も未来も>。ただ単にかっこいいっていうか、雰囲気が出てる。

LEO “王者の風格”ね。

SOTA 「To The First」の<It’s not too late>で、急に出てきたときのRANもオーラ強いよね。

RYUHEI あの笑顔、かわいかったなぁ……本当に天使みたいだった。

RAN 今、ちょっとバカにしたよね。

RYOKI あそこは天使というより、“サングラス事件”だったけどな(笑)。

SOTA 練習中にiPadで録画した「To The First」のパフォーマンスを見返してたら、メンバーに隠れた一瞬の隙にRANがサングラスをかけてるんですよ。

SHUNTO 本当にSOTA君、キレそうになってたよね(笑)。

SOTA 最初は「こいつ、何ふざけてるんだろう」と思って。でも、よく動画を確認してみると……前髪が長過ぎてサングラスみたいに見えてたっていう。iPadの画素数じゃ髪の毛ってわからない(笑)。完全にサングラスでした。

RAN 奇跡だった。

LEO RANとREIちゃんのは、ちょっと印象的過ぎるな……。

SHUNTO あれは強いね。

SHOTA 俺は「Shining One」の練習のとき、RANにすげえ色気を感じたことがあった。

RYOKI あのときは、“RANプロデュース大作戦”をやってたんだよね。

RAN チームOneのみんなでスピーカーを囲んで、「お互いの顔を見ながらパフォーマンスしてみよう」って練習したんです。そしたら、RYOKIがキスしそうなくらいまで顔を近づけてきて、「もっと来いよ!」って煽ってくるんですよ。それに乗せられてやってたら、「今のめっちゃいいよ」ってちゃんと褒めてくれて。すごく自信につながったし、自然と自分を魅せられるようになった。あれのおかげで肩の荷が降りて、「楽しい!」っていう気持ちで本番を迎えられたんです。本当に助かった。

RYOKI 天使になれた?

RAN 天使になれた。

寝相とイビキ担当!?

『あの日のTHE FIRST』では、「一番○○だったのは?」という特別企画が設けられた。第6回目のお題は「1番寝相が悪いのは誰?」。気になる結果は、SOTA:5票、SHUNTO:3票、RYUHEI:2票、JUNON:1票。どうにも寝方のクセが強いメンバーも多いようで──。

SOTA 俺なの!?

SHUNTO SOTAでしょ。

RAN 本当にヒドいときは180度回転してるときもあるし、起きたら着てるものが少なくなってることもあった。

SOTA パンイチになってたよね。俺も怖かった。

LEO 同じ部屋になったとき、SHOTA君、SOTA、俺の並びで寝てたじゃん? 朝起きたらSOTAの顔がすごい近くにあったのを覚えてるんだよね。だから、寝相が悪いイメージある。

SHOTA 俺の中で、SHUNTOは寝相というよりイビキだな。

SOTA 俺もだ、イビキ。

LEO SOTAは、あまりイビキが気にならなかったよね。

SHOTA もはやBGMみたいな感じだった。寝るの早いんだもん。「おやすみー」って言った次の瞬間には、イビキが鳴ってる。

貪欲に目指す“唯一無二の表現者”


この記事の画像(全92枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。