BE:FIRST、SOTAが語るオーディション後の目標「人間が音楽になったような存在に」【『あの日のTHE FIRST』レポート#4】

first

文=坂井彩花 編集=森田真規


SKY-HI(スカイハイ)が率いる会社「BMSG」が仕かけたオーディション『THE FIRST』。その模様を7人組ボーイズグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」と、『THE FIRST』に参加していたBMSGの練習生や所属アーティストのコメントを交えながら振り返る番組『あの日のTHE FIRST』

第4回でフィーチャーされたのは、SKY-HIから「チームのパフォーマンスにおいて不可欠」と称され、BE:FIRSTのメンバーとして最初に名前を呼ばれたSOTA(ソウタ)。ダンスの世界大会で4度の優勝経験を持っていても、けっして驕らず成長しつづけてきた彼は、どのような心境でオーディションに臨み、その最中に何を考えていたのか──。

【関連】BE:FIRSTよりひと足先にSKY-HIとの共演を果たしたSHOTA「『THE FIRST』は希望」


“怪獣大戦争”をまとめ上げたチームリーダー

1次審査の書類選考をくぐり抜けた231人を対象に、日本全国で行われた『THE FIRST』2次審査。ここでSOTAは圧倒的なダンススキルで「Neo Gal Wop」をパフォーマンスし、SKY-HIから「ダンスの部分だけでお金払わなくていいのかな」と高評価を得た。

[THE FIRST 2次審査] 島雄壮大 (ダンス) / JP THE WAVY “Neo Gal Wop”

──2次審査のとき、まったく緊張していないように見えましたが、心に余裕を持つ秘訣があるのでしょうか?

SOTA スパルタなダンススタジオに通っていたので、並大抵のことじゃ落ち込まない自信があったというか……。どれくらいスパルタかというと、学生時代の夏休みは友達と遊んだことがないくらい(笑)。8月にある世界大会へ向けて週7でダンスレッスンをして、優勝したら夏の間はイベントに出演して……っていう1年をずっと繰り返してきていたので。今になってみると、4回も世界チャンピオンを獲れたのは、耐え抜いてがんばってきた特権な気がします。過去に感謝ですね。

30人中6位で2次審査を通過したSOTA。3次歌唱審査でSKY-HI「F-3」を披露すると、「ラッパーとしても見るたびに、少しずつ着実によくなってる」とSKY-HIは評価。グループ審査では、チームBのリーダーとしてSKY-HIの楽曲「Sexual Healing」に挑戦した。猛者ぞろいのメンバーをまとめあげると共に、自身も「とてもダンスのうまいラッパーに、明らかになっている」とSKY-HIから絶賛された。

──3次審査でチームBとして「Sexual Healing」に臨んだグループ審査はいかがでしたか?

SOTA 楽しかった思い出が強いですね。“怪獣大戦争”と言われるくらい濃いチームだったんですけど一人ひとり出したいものが定まっていたので、パズルをはめただけだったというか。強いて言えば、まわりと差をつけることやオリジナリティに試行錯誤した感じですね。短い期間ながら切磋琢磨していろいろと向上できたし、音楽FIRSTなコミュニケーションがメンバーの距離を縮めてくれた、そんな時間でした。

ダンサーからアーティストへ

4位という高評価を得て、15人で挑んだ合宿審査へと駒を進めたSOTA。合宿1次審査の“クリエイティブ審査”では、テンと共にチームAのダンス面を牽引。個人順位でも1位を獲得し、「合宿初日と比べても別人のようなパフォーマンスだった」とSKY-HIから称賛を受けた。

[THE FIRST 合宿クリエイティブ審査 / メイキングMV] “A” Life / Team A (レオ、ナオキ、ソウタ、マナト、テン)

──クリエイティブ審査はいかがでしたか?

SOTA 一度も歌詞を書いたことがなくて不安だったんですけど、メンバーが「ダンスを引っ張ってほしい」と声をかけてくれたおかげで、気持ちはけっこう楽でした。僕に居場所を作ってくれたというか……。歌詞も書き始めてみたら、意外とスッと浮かんできたんです。ただ、どういう声で歌ったらいいのかはまったくわからなくて。自分の声で歌ってかっこよく見せることには、とても苦労しました。

──「“A” Life」の振り付けについて教えてください。

SOTA 歌詞が“素人みたいな僕らでも輝ける”という内容で、一人ひとりの実体験をもとに「1回のミスくらいどうにかなるよ」と語りかける構成でした。だから、個々が目立つような振り付けにしようとテンと話し合いました。ダンスの構成できれいに見せるのではなく、しっかりと一人ひとりがセンターで輝けるような展開にしたんです。比較的ダンスができるメンバーが集まっていたのもあり、ダンスパートも入れることに。僕のマインドがダンサーからアーティストへ移行している段階だったので、パフォーマンスとしてほかの要素を邪魔しないコレオグラフ(振り付け)を心がけました。

「To The First」のコレオグラフ


この記事の画像(全111枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太