佐久間宣行が『アナザースカイ』で語った、テレビ東京で培ったDNAとは?(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】『佐久間宣行のNOBROCK TV』の狂気と衝撃


『アナザースカイ』

ゲストは、まさかの元テレビ東京の佐久間宣行。「古巣」であり今も「拠点」であるテレビ東京に。「どっちかっていうと友達に近い」という元上司の伊藤Pも登場。「『無し』が『有り』になっていく。それは誰でもできるわけじゃない」と佐久間を評価し、「日テレさんで佐久間を褒めて、僕になんかメリットあるんですかね?」と笑う。佐久間「“奇特な人”だなって思ってもらえるんじゃないですかね(笑)」。ふたりの力の抜けた戦友感がとてもいい。

生田にある「いわき市潮学生寮」にも。「懐かしさで死にそう」という佐久間は、「男子校から出て女の子とまともにしゃべりたいと思っていたのに、男子寮生活になっちゃったんでより症状が悪化するっていう(笑)」と回想。そこで自分のラジオのリスナーと出会うというのもなんだかドラマチック。

東京03のようなおもしろい芸人を「見つけた」ではなく「出逢った」と表現する佐久間。「どこかに夢中とか熱狂がないと近くの人にも伝わらない。僕だけでも本気で、わかってもらえなくても、これがおもしろいんだよねっていうのがないと届かない」と。

伊藤Pはある企画を「それって難しくないかなあ」と諭した際、「オレたちおもしろいからやってるんで」とキッパリ言われたそう。佐久間「自分の番組は、遊園地の遊具を作ってるイメージ。遊べる玩具を番組側が用意して、芸人さんとかタレントさんがそれで遊んでくれて、その様がおもしろくなって世の中の人が喜ぶ」。

テレビ東京で培った「『ほかと被ったら負け』というDNA」は辞めてからも残っているという佐久間。「ただその代わり、莫大な予算の使い方がわからない(笑)」。

「ここが僕のアナザースカイ。テレビ東京です」とか、終始、佐久間Pが日テレの番組で密着されているのがどこかコントのようで可笑しくて、けど、やっぱりそれを「有り」にしてしまったすごさを感じた。

『かりそめ天国』

以前番組でマツコの地元・千葉について「千葉は(行きたいところ)ない。千葉が一番ないんじゃない?」という話になったことから、「千葉の魅力再発見ツアー」を四千頭身・後藤ファミリーで。

移動の車中、父「ロビンソンってなんだっけ?」妹「芸人?」後藤「それロビンソンズね」母「りんごを射つ人なんだっけ? あれロビンソンじゃねぇのか」父「弓でやったやつだろ? なんだそれ?」母「知らないの? ウィリアム・テルだよ」といった成立してるんだかしてないんだかわからない、いかにも家族という会話がおもしろい。

今までのロケ企画の中では一番表情豊かで楽しげだった後藤一家だが、妹に「楽しかったところは?」と聞いて返ってきた答えが「(前泊で泊まった)ルートインホテル」と「TSUTAYA」。やっぱチェーン店最強。


『ラヴィット!』

こちらでも千葉に。子供3人を連れ、ママ役にフワちゃん、パパ役に錦鯉・長谷川、おじ役に錦鯉・渡辺の6人ファミリーが東京ドイツ村に。いかにもワンパク食いしん坊キャラなタカラくんがとてもいい。長谷川「50回目の夏だよ!」渡辺「やり過ぎだよ」。

服のままでもできる「バッサースライダー」にみんなで挑戦。「濡れちゃわないの?」と問われ、「ちょっとは濡れるけど、千葉の秩序なんてそんなもんなのさ」とフワちゃん。終始このロケでは笑いを交えた進行役を務め、そのロケ巧者っぷりが目立った。

まずゴール地点に先回りするため音声スタッフが挑戦。「そうなんです、東京ドイツ村では子供大人だけではなく技術さんも楽しめます!」とフワちゃん。音声さんが長いスライダーを流れる映像をカットせず、BGMに小田和正の歌声が響くなか、音声スタッフの過去の回想が流れるふざけた編集。「初めてマイクをつけたのは大物俳優・緒形拳。緊張で手が震えた──」。 

明日観たい番組:『日向坂で会いましょう』で「第4回高瀬愛奈の“それは盛ってるでー!”」

『ウッチャン式』(TBS)、「ポンコツ芸人×石原良純で冠番組をやってみたら!?」。

『週刊さんまとマツコ』(TBS)、「ノブコブ吉村が緊急家族会議」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)、『ニンジャラストライカー!』。

『ガキの使いやあらへんで!』(日テレ)、「息つがない部」完結編。

『日向坂で会いましょう』(テレ東)、「第4回高瀬愛奈の“それは盛ってるでー!”」。

『おしゃれイズム』(日テレ)に浜辺美波。

『おかべろ』(フジ)に高橋愛&あべこうじ夫婦。

『ボクらの時代』(フジ)、稲川淳二×テリー伊藤×笑福亭鶴光。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。