『佐久間宣行のNOBROCK TV』の狂気と衝撃

2021.7.28
NOBROCK TV

文=かんそう 編集=鈴木 梢


先日、テレビプロデューサーの佐久間宣行が、自身のYouTubeチャンネル『佐久間宣行のNOBROCK TV』を開設した。語るのもおこがましいが、「この人のこういう部分が観たかった」と脳髄が歓喜する絶妙なキャスティング力と企画力、『ゴッドタン』(テレビ東京)に青春時代のほとんどを奪われた私にとって佐久間宣行という人物は軍師・諸葛亮孔明のような存在だった。

「暗い部屋でひとり、ラジオや深夜番組を観てニヤニヤしている層」と「明るい部屋で友達や家族と爆笑しながらゴールデンタイムの番組を観ている層」、その両方のかゆい部分をいつも掻いてくれていた佐久間宣行が、YouTubeという媒体でリミッターを外して番組を作る。想像するだけで「新しい世界の佐久間宣行! ワクワクが止まんない!」と虹野ゆめ(『アイカツ!』)状態になった。


初回から勢いが止まらない企画がつづく

『佐久間宣行のNOBROCK TV』の番組コンセプトは『TVチャンピオン』(テレビ東京)にならい、芸人たちがさまざまな“選手権”に臨む。記念すべき1回目は、スタジオゲストに劇団ひとりを迎え、後輩芸人から自分の欠点を多く引き出す「俺の悪いところ言ってくれ選手権」が開催された。

ターゲットはタイムマシーン3号の山本浩司。先輩であるアルコ&ピース平子祐希が悩みを打ち明け、その流れで山本のダメ出しを引き出していくという算段だったのだが、平子が「俺の悪いところを言ってくれ」と仕かける前から「もう爆発的に売れることはない」「暗い」とフライングロケットスタートをぶちかます山本。

その後も勢い止まらず「誘い方の回りくどさ」「楽屋でのシャドーボクシングのウザさ」と痛烈なダメ出しを連発。「核心を突く山本の語彙力」と「追い込まれたときの平子のおもしろさ」そして「ふたりの信頼関係の強さ」と、テレビではなかなか観ることができないコアな部分を存分に見せてくれた。

つづくフルーツポンチ村上健志とやさしいズ・タイは、「逆に世間にムカついてますけど。才能あるのになんでわかんねぇんだよ」と村上を大絶賛し、村上を尊敬しているからこそ「過去の栄光にすがり過ぎ」「そもそも存在を知られていない」と容赦ないダメ出しを重ね、最終的には相方との触れられたくないエピソードまで掘り村上の心をボキボキにへし折っていた。

2回目は劇団ひとりとふたりきりでのスタジオトーク。『ゴッドタン』の裏話はもちろん、劇団ひとりが人生でウケたネタの話、お笑い芸人、プロデューサーとしての価値観の話までこのふたりだからこそ話せる激アツトークに全ゴッドタンファンが狂喜乱舞した。

年齢制限が設けられた動画が早くも登場


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太