柳楽優弥論──映画の子、柳楽優弥は、我ら沈黙の時代の爆心地だ。



沈黙の時代を打ち破るエネルギー

『映画 太陽の子』予告編

『映画 太陽の子』では、終戦間近の京都で、原爆開発に挑む研究者に扮している。戦争に勝利するためではなく、戦争を終わらせるために、その研究は行われていた。万策尽きたあとの、一縷(いちる)の望みとして、開発は死に物狂いで進められていた。

こう書くと、あたかも戦争の若き犠牲者というような悲劇性ばかりが浮き彫りになるかもしれないが、そうではない。いつだって柳楽優弥は、あらすじ紹介の類にはすんなり収まらない人物表現をつづけてきた。物語や設定を記述することに、さほど意味はない。人間とは、そもそも、そうしたものからはみ出している存在だ。逆に言えば、はみ出していない者など、つまらない。そんな奴が、映画の主人公など担えるはずはないのだ。

実験に没頭する若き科学者・石村修を演じた柳楽優弥

柳楽優弥がここで見せているのは、形容しがたいうしろめたさであり、また、言葉にはしかねるほどの没入ぶりである。彼は、研究に夢中になっている。しかし、それは、お国のために、という大義名分に我を忘れているからではない。彼は言ってみれば、逃避のために、研究に没頭している。

目の前には、精神が傷みつつある、束の間の帰還兵たる弟がいる。実直に、現実的に、未来を見据える幼なじみがいる。すべてを心配する母親がいる。この、戦時下の日常という世界線から、パラレルワールドに亡命するかのように、主人公は研究に向き合う。

修の弟・裕之役を三浦春馬、幼なじみ・朝倉世津役を有村架純が演じた

対峙するのではない。脳内を、それでいっぱいにするのだ。そのことによって、己を解放し、生かしていることが体感できるように柳楽優弥は、演技を構築している。

マッチ棒で、時計を組み立てるような、想像を絶する緻密さで。

狂気は漂わない。いや、狂気は抹消されている。むしろ健全だ、どこまでも健やかに、汗をかいている。だからこそ、その本気に、私たちは震撼する。

おそらく彼は、なぜ、そこまで本気になれるか、自分のまわりの大切な人たちにも説明はできない。言語化はできない。思考というより、もはや本能だからだ。

そうしたすべてを、柳楽優弥は、物言わぬ佇まいで、まるごと表現して見せる。

その演技の肌触りは、中心、もっと言えば、核を感じさせる。人間の中心。本能の核。そこで、凄まじい爆発が起こり、爆風が立ち上がり、炎上し、ものが焼け落ち、焦げつき、干からびた焼け跡から、魂が立ち上がるまでを、あらゆることを含有した沈黙によって、伝える。

圧倒的な、あまりに圧倒的な沈黙は、しかし、私たちが生きるしかない沈黙の時代を打ち破るエネルギーに満ちている。もう、黙っているわけにはいかない。沈黙が、沈黙を突破する。今が、その時だ。

日本映画の爆心地。
柳楽優弥。
『映画 太陽の子』から、第3期は始まった。


この記事の画像(全23枚)



  • 映画『映画 太陽の子』

    2021年8月6日(金)全国公開
    監督・脚本:黒崎博
    音楽:ニコ・ミューリー
    主題歌:「彼方で」福山雅治
    出演:柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、田中裕子、國村隼、イッセー尾形、山本晋也、ピーター・ストーメア
    配給:イオンエンターテイメント
    (c)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太