かまいたち山内、ダイアン津田、フジモンの「一重オールスターズ」は、千鳥ノブより愛おしい浴衣ブスになれるか(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】佐藤健をダイアン津田と同等に扱う『テレビ千鳥』


『テレビ千鳥』

浴衣姿のノブを「準備万端納涼ブス」と評す大悟が「ノブより愛らしい浴衣ブスはおらんのじゃ!!」と、芸人の中でノブを超える愛らしさを持つ芸人がいるのかを、偽番組で呼び出した芸人たちで調査。

最初のターゲットはかまいたち山内。芸人らしく表情を作ろうとするもそれは求められておらず「がんばった瞬間にスベる」と困惑。ノブと並ぶと本当に姉妹のよう。

2番目のターゲットはダイアン津田。「どうしたらいいの?」と戸惑いながらも、3姉妹が完成。その姿を「浴衣チンパンジー」と形容される。

そして最後はフジモン。自分を含めた並びを見て即座に「一重オールスターズ」と評すのがさすが。しかし、浴衣を着て登場の際は、過剰に表情を作る“ミス”を犯す。「こんな間違える人じゃない」「2度は間違えない」と何度もやり直しをさせる千鳥に、うしろ向きのまま「マジで涙出てきた!」とフジモン。

まさにがんばればがんばるほどスベる芸人にとっては地獄のような企画。けど、そのスベったさまがたまらなくおもしろく愛らしい。フジモン「このあとも別の仕事あるけど、元気なかったらお前のせいやで!(笑)」。

『しくじり先生』

趣味の沼にハマって抜け出せないというオカリナが「私がしくじっているかどうか皆さんの意見を聞きたい」と授業。自分では「私が稼いだお金を何に使おうが誰にも文句を言われる筋合いはないと思っているから、まったくしくじってるとは思っていません」と言う。

これまでオカリナが「沼」にハマったのはBOYS AND MENや『戦国鍋TV』など。そして「人生で最も深い沼」が『おっさんずラブ』。それに対する語りが愛情あふれていて、早口で淀みない。「全然噛まない」「オカリナってしゃべれるねえ」と若林が驚くほど。

『おっさんずラブ』の評判を友人から聞いた峯岸みなみは「脳みそ溶けちゃう、女の子をおかしくしちゃうドラマ」といい意味で評すも、オカリナは「いや、女の子がより豊かになるドラマ」だと頑なに主張する。

若林は最近、ミニ四駆にハマリ、初めて「沼」というものを体験。「お金を使うことが喜びになっちゃった」と言うと、食い気味に「いや、そうなんですよ! そうなんですよ! そーなんですよ!」と興奮して同調。

友人や芸人仲間への「布教活動」によって『おっさんずラブ』の劇場版は、映画館で実に73回も観たという。それだけでは飽き足らず、ドラマに出てくる家電や小道具を買いそろえたいと、ランチョンマットや掃除機や靴、さらには100万円を超える指輪まで購入したそう。最初に趣味の沼にハマって使った金額が「300万円」と言っていたがおそらく、そんな金額ではすまない感じ。

最後にオカリナは「推しのキャラクターは将来、あなたを養ってはくれない」と教訓を語る。「心は救ってくれるけど、財政的には救ってくれない」と。

けれど、冒頭で「まったくしくじってるとは思っていません」と言っていたとおり、健全なハマり方だと思うし、何より好きなものを情熱的に語るオカリナがとても魅力的だった。


明日観たい番組:チョコレートプラネットがゲスト『お笑い実力刃』など

お笑い実力刃』(テレ朝)チョコレートプラネット。

『お願い!ランキング』(テレ朝)「太田伯山ウイカのはなつまみ」空気階段。

まんが未知』(テレ朝)矢野了平&日高大介×藤村緋二。

『キョコロヒー』(テレ朝)今日のダンスは、TAKAHIRO先生が、私立恵比寿中学の「オメカシ・フィーバー」を解説。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太