リアル鬼越ドッキリ「FINAL」に相応しい人選とヒリヒリ感『水曜日のダウンタウン』(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】『水曜日のダウンタウン』でも扱えなかった。水島新司作品の露出が少ない現状を悲しむ


『水曜日のダウンタウン』

「芸人が今までで一番スゴいと思ったコメント調査」。

向井は『くりぃむナンチャラ』での天龍源一郎の滑舌に対する麒麟・川島のたとえツッコミ「エスプレッソマシンのモノマネ?」を挙げ「『ラヴィット』やるのはもう3年ぐらい前から見えてた」と語る。

その川島は、ケンコバが『アメトーーク』「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」でのTAIGAの感動的なVTR明けのコメントを推薦。TAIGAが「世界一おもしろい」という奥さんに対し「ビンタして『目覚ませ!』」。

バカリズムは浜田雅功が『水曜日』のクイズ企画でYOUに言い放った「お前殺すからな!」「いつでも入ってええんやからな」を選出。VTRを改めて見ると、その浜田のコメントもスゴいけど、それに対し即座に「『収容』と書いて『入る』という」と補足解説を添える川島のコメントも光っていた。

「リアル鬼越ドッキリFINAL」。

ケンカを止めない長州力とか、女性に対し男性が手をあげていることで我を失って「うるせぇな」以降のコメントがまったく頭に入ってこない具志堅用高とか、それぞれの反応がおもしろい中、最後につまみ枝豆が登場。

ダウンタウンがふたりで無言で顔を見合わせ、伊集院が「ダメだよ……」とマジトーンでつぶやく。それだけで、いかにヤバいかが如実にわかる武闘派中の武闘派の枝豆。

「うるせえな! たけしの話じゃなくて自分の話で笑い取れよ!」と言われると、「うるせえな!」の時点で表情が一変し、詰め寄る。ヤバいとわかっている本物のマネージャーはすぐに身体を抑えるもその隙間から胸ぐらをつかみ「おい、小僧、もういっぺん言ってみろ!」とすごむ枝豆。

ついにはマネージャーを払い除け「殺すぞ、この野郎!」と叫ぶ。少し前に聞いた浜田の「殺す」がちゃんとコメディのものなんだという、当たり前の事実がよくわかるガチの「殺すぞ」の迫力。

おそらくマネージャーが時間をかけてなだめたのであろう、枝豆が一度椅子に座ると「オメェよ、百歩譲って許してやるよ」というも「でもよ、俺の前でよ、『たけし』って言うな! 『たけしさん』だろ、コラァ!」と再びヒートアップ。

この「うるせえな」のあとのコメント、きっと「たけしさん」にする案もあったんじゃないかと思うけど、あえて「たけし」にしたんじゃないか、なんて想像して、番組側の思惑どおり、そこにキレた枝豆とそれを誘った番組に痺れる。

ネタバラシされ「イメージ悪くなっちゃったかな」と心配する枝豆に、坂井「イメージ、元々悪いです(笑)」。

この企画の「FINAL」に相応しい人選とヒリヒリ感だった。

『あちこちオードリー』

ゲストは平成ノブシコブシとみちょぱ。

「天下獲り」を標榜するも、視聴率の評価の仕方など「急にルールが変わった」とプランの変更を余儀なくされたと嘆く吉村に「『天下』って何?」と疑問を投げかけるみちょぱ。

『吉村崇の~』という冠が欲しいという吉村に「当たり前のように(『平成ノブシコブシの』ではなく)『吉村崇の~』って言ってる人間性が視聴者に伝わってる」と徳井。みちょぱの発言に重みがあって、吉村の発言に説得力がないのは、「吉村が嘘ついてるから」と徳井。番組によってキャラや発言を平気で変える吉村。それは「傭兵」としては長所だけど、「天下を獲る」ためにはマイナスになってしまうのだろう。

2年前までライバルは小峠、澤部、麒麟・川島だったが「神様のドラフト」で川島が抜け、そこにパンサー向井やかまいたちが入ってきたと分析する吉村。関ジャニの村上がリアルなライバルだというと、それには徳井も同意。

一番近いのは澤部で「澤部がなんで冠番組を持ってないかを考えれば」自ずと自分に何が足りないかがわかる、と徳井は言う。吉村の発言を聞いていたみちょぱは「考えが昭和。憧れが昔で止まってるから今の時代と合わなすぎる」と酷評。「天下狙いキャラ」ではないかと看破する。

話を盛る際、「0→1はやらないけど、1→100はやる」という春日の発言を受け、「次の現場は100からスタートするから結果200になってる」と笑う吉村。

そんな彼は素の自分は「お笑いに向いてない」人間だという。けれど「人格すらも盛っちゃってるから」自分がわからないと打ち明ける。自分を「200」に盛って「傭兵」として戦いながら「天下」を目指す。吉村という芸人像が浮き彫りになった回だった。

あと、若林がみちょぱに対して言った「占いの番組に出ててスピリチュアルにならないんだよね、みちょぱがしゃべると。人間の話になる」という評は、みちょぱのスゴさを端的に表していると思った。


明日観たい番組:『ザ・ベストワン』4時間SPなど

『ザ・ベストワン』(TBS)4時間SP。

『ジロジロ有吉』(TBS)「追悼・米山ババ子」。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)「ローカル芸人グランプリ」。

『ももクロちゃんと!』(テレ朝)「怪談」吉田悠軌。

『A-Studio+』(TBS)に上白石萌歌。

『徹子の部屋』(テレ朝)に加藤茶&綾菜夫妻。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太