借金を「絆」、浮気を「寄り道」と表現する相席スタート山添(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】鈴木もぐら×岡野陽一のYouTube番組『くずパチ』で人生の真理を知る


『さんまのお笑い向上委員会』

岡野陽一、ヒコロヒー、相席スタート山添による「金借りスクワッド」が登場。借金は債務者と債権者、共に成長できると切々と説く岡野にフジモンが「ネズミ講やったら?」と提案すると岡野は「僕は借金一本で」とキッパリ言い放つ。

そんな岡野に飯尾が「借金がふくらんだ人が季節を感じなくなったって聞いたけど」と言うと、「パチンコ屋というのはいつも一定の気温に保たれてるんです」と見事な返し。「夏が一番寒いので気をつけてください(笑)」。

借金を「絆」、浮気を「寄り道」と表現する山添は、「借金額と幸せは、比例するのです」「僕は人から借りた絆は、全部ギャンブルにつぎ込むんですね」と教祖っぽく語る。

ヒコロヒーにお金を貸してくれと言われても、1万円しか貸さなかった3時のヒロイン・福田はその理由を「絶対返ってこないっていう確証があって」と語る。「『貸して』って言ってきたとき、家賃滞納して裁判してたんですよ。そんな人に貸されへんから!」と暴露され、ヒコロヒー「意外と裁判になるんすよね(笑)」。

元彼にも借金をしていたから一時、復縁したというヒコロヒーのエピソードに福田は「売春やん!」と痛烈なツッコミ。「ネズミ講」やら「売春」やらなかなかバラエティでは聞かない単語が飛び交った。

『ゴッドタン』

ニューヨーク、鬼越トマホーク、ヒコロヒー、岡野陽一による「気づいちゃった発表会」の第3回。「ちょっとずつ売れてきて気づいちゃったんですけど、もう『ゴッドタン』出ても意味ねぇっす」と屋敷がキレッキレ。

「ニューヨークは鬼越トマホークをどこかで切ろうとしている」という金ちゃんには「今年になって景色が変わった。そこに鬼越はいない」と言い切り、「一番ムズい番組は『ケンミンSHOW』。ただの食レポIPPONグランプリ」だと、出た人にだけわかる実感を語る。

さらには「結局、梅沢富美男が誰よりも爆笑をかっさらう」と的確なフリオチで番組にグルーヴを生む梅沢富美男を評すると、劇団ひとりも「あの人、芸人に対して毒づくけど『つまんない』って言わない。こっちにも『ジジイ、コノヤロー』とか言わせてくれる」と絶賛。

クズキャラが私生活で恥ずかしくなってきたという岡野を含め、4組それぞれが昨年とは「景色が変わった」感じが如実に表れてて、その変化がおもしろかった。


『さまぁ~ず論』

「番組を終わらせない努力はあったりするのか」という問いに、三村「終わりそうな気配を少しでも感じたら、いったんスタッフに『終わる?』って思い切って聞いてみる」、大竹「『何このリニューアル? 終わる?』って」。

「だいたいイジったときは終わるときだから」と答えるふたりは、「リニューアルに口出しするのか?」と聞かれ「『変えないほうがいいよ』って基本的には言う。これがおもしろいから始まったのに」と大竹。

三村「『終わるか終わんないかわかんないで、延命のために変えるんだったらこのまま変えないで死なせてくれ』って」
大竹「いっつも言う、それは。ディレクターに『本当にやりたいのか?』って聞く。『お前がおもしろいと思うんならやりますよ』っていう。それで終わったら、『ほらな』とは言わない」

明日観たい番組:『さまぁ~ず論』に見取り図

『激レアさん』(テレ朝)、「極々平和な一家だったのに家族が次々とボディビルダーになってしまったので、50歳で筋トレを始めてみたら2年で日本一になった主婦」。

『しくじり先生』(テレ朝)、「ついに担任若林が初授業」。

『ソウドリ』(TBS)、コウテイvsジェラードンvsネルソンズ。

『さまぁ~ず論』(テレ朝)に見取り図。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)、「伝説の芸人を語る夜」。

千葉雄大・主演『いいね!光源氏くん し~ずん2』(NHK)開始。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太