出川哲朗「恋愛」にたとえてスタッフとの信頼を語る「編集と恋愛は口にしないと伝わらない!」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】出川哲朗「泣いちゃうねぇ」。内村がさまぁ〜ずではなく出川を助ける理由


『あちこちオードリー』

ゲストは出川哲朗&滝沢カレン。

「痛いときとかも、テレビカメラが回ってる瞬間だけ痛みがなくなるのよ。どんな痛み止めよりもテレビカメラって一番効く薬」「昔みたいに思ったより動けないから、嘘つかないでできない自分を笑いにしてもらってる」など、ヘルニアの手術の前日までロケをやっていたレジェンド・リアクション芸人としての名言を相変わらず連発する出川。

滝沢カレンは「小学生からリーダーになりたかった」と、今どきめずらしく冠番組への野心を隠さない。『伯山カレンの反省だ』終了に際しても「とにかくこれを決めた人に1回話させてくれ」「やめないための理由はなんでもするから言ってくれ」と思ったと語り「悔しさしかなく終わりました」と率直。そんな話を聞いて出川は、オードリーに向かって「『あちこちオードリー』は絶対に守んなきゃいけない番組」と熱弁する。

オンエアチェックは絶対して、編集についてスタッフにも意見するという出川は「ちゃんと自分の思ったところを残してくれているスタッフさんと仕事したい」とキッパリと語る。これに若林も「わかりますよね、相思相愛か、片想いか。ラブレターですからね、編集は」と語るも、スタッフにその感想については言わないとも明かす。出川は「返信しないと! 編集と恋愛は口にしないと伝わらない!」。この番組に限らず、最近はタレントとスタッフとの信頼関係についての話がよくされているなあと感じる。

番組で「レジェンド」と持ち上げてくれるが「ホントのレジェンドのときはゲストひとりなのよ!」と出川。その直後に流れた予告で、次回のゲストはロンブー淳ひとり、という流れがおもしろかった。

【関連】滝沢カレンのスゴい表現「フニャフニャの乗り物」が出る映画とは?

『水曜日のダウンタウン』

「知り合いの中から好きな人順に告白していけば、誰でもさすがに100人以内で恋人できる説」の検証に、ほしのディスコ。正直、倫理的(?)にちょっと観るのがツラい企画かなと思ったけど、7人目のAマッソ・加納の「何言うてんねん、しばくぞ」とか、女性陣の対応がサッパリしていたのがよかった。

10人目は納言・幸。彼女も「ごめんなさい、できないですね」「タイプじゃない」とキッパリと即答。11人目にようやく関係性の深い一般の女性。これまでの10人は“チャレンジ的”な人選だったため、ここからが本番という感じ。

13人目には、今一番仲がいいというプロゲーマー・伊藤千凪海。友達関係を崩したくないため13人目になったが、実質の大本命。初めて好意的な対応だったものの、今までデートも誘われてない状態で、いきなり付き合おうと言われても真剣かどうかわからないと真っ当な返事で保留。デートを重ねれば恋人になりそうな雰囲気ながら、この番組はやはり非情にも「検証続行」。

16人目は後輩芸人のポンループ・アミ。10人目に告白した幸と同居中。先に告白していることがバレるとまずいためだろう、電話で「僕の話してた?」と探りを入れるも何も話していないという。近所に呼び出すと、何の話かわからず「解散?」「コンビ組もう?」「トリオですか?」とテンパっているのがおもしろい。

「僕と付き合ってください」とほしのが言うと「えーー!」とどこかうれしそうなリアクション。「なんか幸さんから聞きましたか?」というアミに、どういうことかわからないほしの。実は「幸さんに、私がディスコさんのこと好きって相談してた」という。だから、幸はほしのを冷たくあしらったし、その話をしなかったんだと、ここでわかるスゴい展開。スタジオでもその人間模様が映画のようと大盛りあがり。

だが、ほしのは本命の伊藤とデートを重ねることを選び、結果的に恋人としては「色気を感じられない」と断られてしまう。一方、アミは告白できてすっきりしたと語り「この企画、私もやっていいですか?」とまさかの逆提案。こういう前のめりの人なら安心して見られるので、近日公開というアミ編は楽しみ!

【関連】パーパー・ほしのディスコ、クリープハイプに伝えなくちゃいけない言葉


明日観たい番組:「カップ焼きそば湯切り-1グランプリ」など

『ウッチャン式』(TBS)「大声なら無限に面白い式」、「恐怖を消す式」、「ハプニングの式」。

『かりそめ天国』(テレ朝)「自分史上最強の1000円以下グルメプレゼン対決」大久保佳代子vsオカリナvs浜口京子。

『新しいカギ』(フジ)2時間SP。

『脱力タイムズ』(フジ)エイトブリッジ別府&大地真央。

『ネタパレ』(フジ) おいでやすレトリィバァ(おいでやす小田&ゆりやんレトリィバァ)、かが屋、錦鯉、ハリウッドザコシショウ。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)岩井勇気、マヂカルラブリーで「切って切って切りまくれ!カップ焼きそば湯切り-1グランプリ」。

『ジロジロ有吉』(TBS)に伊藤沙莉。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太