【『Roots of 電気グルーヴ ~俺っちの音故郷~(仮)』#2:DAF】「君のことを考える」ってタイトルが沁みる

2021.5.10

「君のことを考える」

石野 とにかく、DAFは今聴いても全然古くなってない。

 ただ、ガビがね……。

石野 残念なことに、去年ガビが亡くなっちゃったんですよね。なので、もう二度と2人組のDAFっていうのは見れない。だけど、遺されたロベルトが実は、ガビが亡くなったあとにDAF名義で曲を出したんだよね。そのタイトルが「君のことを考える」(※20)っていう。沁みるよね。

 うん。沁みますね。

Robert Görl & DAF – Ich Denk An Dich

石野 電気に照らし合わせたときに、お前が先に死んだときに俺はそれをできるけど、俺が死んだら、お前はできないじゃん。

 そうね。先に死ぬなよ、ほんとに(笑)。

石野 だから、先に死ねよっていう(笑)。

 死に方にも順番があるんだなって感じますよね(笑)。

石野 そういうことで、第2回目、ニュー・オーダーにつづいてDAFでした。

 また次回お会いしましょう。

石野 次回、何にするかまだ決まってないですけど。

 そのときまでのお楽しみということで。電気グルーヴでした。

※20 君のことを考える:2020年5月にリリースされた「Ich Denk An Dich」。

Roots of 電気グルーヴ “DAF”

<BE AT TOKYO>
東京からまだ見ぬカルチャーを生み出すためのCultural Apartments、それがBE AT TOKYO。情報を発信するメディアであり、才能が集まるスタジオであり、実験を繰り返すラボであり、届けるためのショ ップでもある。決められた型はなく、集まった人がブランドを形づくる。オンラインとリアルな場でつながりながら発生する化学反応が、次の東京を代表する人を、物を、カルチャーを創り出す。
https://be-at-tokyo.com

<BE AT STUDIO HARAJUKU>
BE AT TOKYOのウェブサイトと連動した、「LIVE」「GALLERY」「EVENT」「WORK」「SHOP」といったコンテンツを展開していくことで、表現者が集まり、混ざり合い、創造するコミュニティスペース。
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 6F
営業時間:11:00~20:00
定休日:ラフォーレ原宿の定休日に準ずる


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全9枚)



天野龍太郎

ARTICLE LIST

天野龍太郎さんの関連記事一覧

天野龍太郎さんの
新着・人気記事をお知らせします。