【『Roots of 電気グルーヴ 〜俺っちの音故郷〜(仮)』#1:New Order】「Blue Monday」には忘れられない思い出がある



「Fallin’ Down (The Other Two Remix)」

 それから君は、ニュー・オーダーとつながりができてくわけじゃない。

石野 ニュー・オーダーが来日したとき(※21)に俺が前座のDJで呼ばれて、とにかく光栄だったね。俺が会場に入ったとき、サウンドチェックでジョイ・ディヴィジョンの曲をやってたの。そのときPAブースに入って、お客さんもいないから「うわ~、ジョイ・ディヴィジョン独り占め~!」って。でもその曲、東京公演でやんなかったんだけどね。次のオーストラリアでやるゲネ(プロ)だったっていう(笑)。交代して俺がサウンドチェックをやって、終わってからバックステージに行くと、いるわけよ、「元ジョイ・ディヴィジョン」が(笑)。なめられちゃいけないって思って、まずは頭突き。それで「サインくださ~い!」って(笑)。そのときにもらったのがこれ(レコードを見せる)。

 いいですね~。その後、メンバーと対談しますもんね(「特別対談:石野卓球×スティーヴン・モリス(ニュー・オーダー)」、『ele-king』2016年)。

石野 ドラムのスティーヴンと対談して。正直、俺、ほっとしたんだよね。誰と一番話しやすいかっつったら、スティーヴンなんだよ。バーニーだったら、酒がないとキツい。

 怖いっていうかね。

石野 そのときにダメ元で頼んでみたのよ。「リミックスやってもらえないですか?」って。そしたら、「曲を聴いてからだったらいいよ」って。結果OKが出て、2017年の電気グルーヴの「Fallin’ Down」って曲のジ・アザー・トゥー・リミックスをやってもらって。ジ・アザー・トゥー(※22)っていうのは、ドラムのスティーヴンと、うちらの通称「おばさん」──。

 ジリアン(・ギルバート)ね(笑)。

石野 そのふたりの夫婦のユニットなんだけど、グループ名が「その他2名」っていうね(笑)。いわゆる「じゃないほう」を『アメトーーク!』より前に言ってたんだよ。で、リミックスをお願いして返ってきたんだけど、なんと頼んでないのに2バージョン。最高だよね。しかも同じ金額で(笑)。

 いや、ほんとにめっちゃうれしいよね。

※21 ニュー・オーダーが来日したとき:2016年5月25、27日に東京・新木場STUDIO COASTで29年ぶりに単独来日公演を開催。石野卓球がDJで出演した。ニュー・オーダーは2020年3月にも来日公演を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2022年に延期されている。

※22 ジ・アザー・トゥー(The Other Two):スティーヴン・モリスとジリアン・ギルバートのデュオ。1990年から活動しており、2作のアルバムをリリースしているほか、テレビシリーズの音楽も制作している。彼らが手がけた電気グルーヴのリミックスは2017年の「Fallin’ Down (The Other Two Remix)」と「Fallin’ Down (Other Two Groove Mix)」。

「Blue Monday」

石野 そのあとに、瀧の(両手首をつけて)「これ」とかあって、うちらは休んでたんだけど、2019年の10月にニュー・オーダーのライブをベルリンのテンポドロームへ一緒に観に行ったんだよね。どうでしたか?

 いや~、最高だったよね。ベルリンで観るニュー・オーダーのライブの特別感たるや。

石野 忘れじのライブですね。そこで聴く「Blue Monday」といったら……。それがまた、月曜日だったんです。っていうのは、嘘なんです(笑)。

 卓球くんのツイートで、「Blue Monday」がかかってはしゃいでる動画があるんですよね(笑)。

石野 僕のインスタグラムの一番最初の投稿は、STUDIO COASTで君と「Blue Monday」を聴いてる動画なんだよ。やっぱ三つ子の魂百までっていうね、「Blue Monday」を通じてそれを感じますよ。未だに聴くしね。

 色褪せないな。ということで、「Blue Monday」始まりの我々ですけど、未だにそれがつづいていると。次回予告、しときます?

石野 しますか。次回は、DAF。ドイチュ・アメリカニシェ・フロイントシャフト。

 お楽しみに、ということで。どうも、電気グルーヴでした。

Roots of 電気グルーヴ “New Order”

<BE AT TOKYO>
東京からまだ見ぬカルチャーを生み出すためのCultural Apartments、それがBE AT TOKYO。情報を発信するメディアであり、才能が集まるスタジオであり、実験を繰り返すラボであり、届けるためのショップでもある。決められた型はなく、集まった人がブランドを形づくる。オンラインとリアルな場でつながりながら発生する化学反応が、次の東京を代表する人を、物を、カルチャーを創り出す。
https://be-at-tokyo.com

<BE AT STUDIO HARAJUKU>
BE AT TOKYOのウェブサイトと連動した、「LIVE」「GALLERY」「EVENT」「WORK」「SHOP」といったコンテンツを展開していくことで、表現者が集まり、混ざり合い、創造するコミュニティスペース。
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 6F
営業時間:11:00〜20:00
定休日:ラフォーレ原宿の定休日に準ずる


この記事の画像(全9枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。