【『Roots of 電気グルーヴ 〜俺っちの音故郷〜(仮)』#1:New Order】「Blue Monday」には忘れられない思い出がある



『高橋幸宏のオールナイトニッポン』

石野 「Blue Monday」がリリースされたのは、83年の3月なんだって。俺が最初に聴いたのはリリースされてすぐなんだけど、高橋幸宏さんの『オールナイトニッポン』(※4)で、当時ロンドンに住んでたカメラマンのトシ矢嶋さんっていう人が最新のUKチャートトップ3を紹介するコーナーがあって。そのときに(「Blue Monday」が)1位だったの。で、俺、まさに君と同じで、イントロの「ドッドッドドドドドド」を聴いて鳥肌が立ったの。未だに消えてない、心の鳥肌がね(笑)。でもさ、曲も長いし、AMラジオで時間の都合もあるから、ベースラインが始まったところでフェードアウトされて。

 ボーカルは入らず(笑)。

石野 録音してたから、そこばっかりずーっと聴いてた。

 12インチはどうやって手に入れたの?

石野 輸入盤を買ったんだと思う。「Blue Monday」のシングルはジャケットが5インチフロッピーディスクの形になってるんだけど、俺が買ったやつはセカンドかサードプレスで、穴が開いてない真っ黒なスリーブで、すごいがっかりしたんだよね。だから、お前が聴いたのは穴が開いてないほうのバージョン。でも、俺がラジオで聴いたのは穴が開いてるほうのバージョン。その点では俺のほうが一歩リードしてる。俺のほうがピーター・サヴィル(※5)寄り。

 聴いたっていっても、AMだろ(笑)?

石野 「Blue Monday」の何が衝撃的だったかっていうと、PCMのドラムマシンっていう、実際にドラムの音をサンプリングした音が鳴るドラムマシンを使ってたのが画期的だったのよ。それまでは、シンセサイザーとかオシレーターとかで作った、ドラムに似せた音のドラムマシンしかなくて。その生のキックが16分で、しかもジャストで鳴ってるっていう。それが衝撃的だったんだよね。

 ツーバスでもないのにっていうね。

石野 ヘヴィメタルのツーバスともまた違うっていうかさ。それで、高校3年生のときかな、85年に新宿の厚生年金会館へ初来日(※6)を観に行ったんだよね。そのときの印象は、とにかくステージが暗くて、青白い照明の中で……稲川淳二がさ、怪談するときの照明っていうか(笑)。で、メンバーがうつむき加減で、つまらなさそ~に下手くそな演奏をつづけるっていう。俺は、ほんとのニュー・オーダーはマンチェスターにいて、2軍が来たのかと思って(笑)。曲が始まってもしばらくわからないぐらい、田舎の高校生から見ても「うまくねえなあ!」っていう。

※4 高橋幸宏のオールナイトニッポン:1983年4月から12月まで放送されていたニッポン放送のラジオ番組。高橋幸宏がパーソナリティを務め、YMOの「散開」を発表した番組としても有名。写真家のトシ矢嶋はロンドンから国際電話で現地のレポートをしていた。

※5 ピーター・サヴィル(Peter Saville):マンチェスター出身のアートディレクター、グラフィックデザイナー。レーベル「ファクトリー・レコード」でニュー・オーダーなどの作品を担当。独特のミニマルなデザインで知られており、ジョイ・ディヴィジョン『Unknown Pleasures』のアートワークもサヴィルの仕事。近年はサッカー・イングランド代表のユニフォームやバーバリーのロゴ、ユニクロの“UT”シリーズなどを手がける。

※6 ニュー・オーダーの初来日公演:1985年5月、スキャンダル、ニック・カーショウ、ジョン・ウェイトと共に来日。東京厚生年金会館と大阪厚生年金会館でライブを行った。

石野文敏の「5 8 6」カバー

石野 ニュー・オーダーの音楽には、なんとも言えない魅力があるよね。手作り感っていうかさ。俺らが高校生のころって、ヘヴィメタルが流行っててギター小僧が多かったから、「うまいほうがすごい」っていう風潮があって。それに対してニュー・オーダーには、テクニックじゃないパッションがあったっていうか。そこに音楽の魅力を感じてた。ニュー・オーダーに「5 8 6(※7)」って曲があってさ、僕、本名「石野文敏」っていうんだけど、高校生のころにカバーしてて、「石野文敏 5 8 6」って検索するとYouTubeで出てきます(※8)。それこそ瀧が通い詰めてた勉強部屋で──。

5 8 6 (2020 Digital Master)

 6畳ひと間のね。ベッドがあって、本棚があって、レコードプレーヤーとレコードが並んでて、その横にドラムセットがあって。それを6畳間で叩くんですよ。でも、スネアがなくなっちゃったんだよね。

石野 ヘッドが破れちゃって。当時、金なんかないから、スネアの代わりにしたのが、ダンプ松本(※9)でおなじみの一斗缶。

 あれを叩くと、「パシャーン!」っていい音がするっていうね。

石野 超近所迷惑だよね(笑)。そのスネアでやったやつがあるんだよね。もしよかったら聴いてみてください。

 あの「5 8 6」、なんか(熱が)込められてて、いいですよ。

石野 完成度はおいといて、さっき言ったテクニックじゃなくてパッションだよね。

※7 5 8 6:セカンドアルバム『Power, Corruption & Lies(権力の美学)』(1983年)の収録曲。曲名は別の楽曲「Ecstasy」のリズムに由来。ライブでは“5, 8, 666…”という不穏なカウントと共に演奏が始まる。「Video 5 8 6」という20分超の初期バージョンもある。

※8 石野文敏の「5 8 6」カバー:以前YouTubeで聴くことができたが、現在は削除されている。2013年のNHK-FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』で放送されたことも。『Takkyu Ishino Works 1983〜2017』(2017年)に収録されている「石野文敏(16)」名義の「Noise In The Ear」やパブリック・イメージ・リミテッド「Low Life」のカバー(https://twitter.com/TakkyuIshino/status/694764577108590593)は同時期に制作されたものだと思われる。

※9 ダンプ松本:日本の女子プロレスラー。1988年に引退したが、2003年に復帰。一斗缶を凶器として試合で使用する。

マッドチェスター体験


この記事の画像(全9枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

天野龍太郎

Written by

天野龍太郎

(あまの・りゅうたろう)1989年生まれ。東京都出身。音楽についての編集、ライティング。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。