“テレビタレントの匠”おぎやはぎ矢作に、品川ヒロシ「なんでもかんでも上手にテレビやんなよ!」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


『アメトーーク!』

毎年恒例の「もっとやれるはずだったのに・・・反省会」。今回のメンバーは品川庄司、とろサーモン、タイムマシーン3号、マヂカルラブリー。

MC横に座ったおぎやはぎ矢作は、とろサーモン村田に「一切笑わす気がない。なんだけど、居心地はすごくよい」「おもしろい人は居心地悪い」とか、タイムマシーン3号に「話すこと全部が定型文っぽいからじゃない?」「準備してこなかったことってひと言でもしゃべった?」、野田クリスタルに「ゲームばっか作ってて話し方がすごい下手になった気がするもんね」「テンポはすっごく悪かった」といつもの口調と笑顔で辛辣な言葉を連発。

トリプルファイナリストを達成した上で『R-1』で優勝した野田だが「割に合っていない」と嘆く。「テレビって売れるってムズ過ぎません?」「現場、現場で結果残しても意味ねえのかなって。爪あとっていうのは別のところにあるのかな。現場でスベってる人が放送観たらスゴい使われ方をしてる。手応えって放送観ないとわからない」と。

その直後の品川と久保田のやりとりがスベったのを見て「これは使われないですよね?」と野田。だが蛍原が「意外と使われるかもよ」と言うと、野田は「今、使われないと思ったからみんな入っていかなかったんですよね?」と共演者たちに確認する。すると矢作は「そういうの、よくないと思うよ。使われないと思ったらドンドン入っていこうよ。みんなそういう気持ちでやってるからダメなんだよ」と笑う。

冗談っぽく言っていたが芯を食った話であるのと同時に、使えないところを使えるようにするというテクニックをひと言でサラッと披露していてテレビタレントとしての矢作の匠っぷりが垣間見られた。これに品川は「ほらー、矢作さんのせいで使えるようになったじゃないか!」とスベったくだりを使われてしまうと抗議。「なんでもかんでも上手にテレビやんなよ!」。

『ヒルナンデス!』

水曜日。前週に引きつづきオードリーによる「3時間だけ観光大使」足立区編。最後に蕎麦屋「みずとくじら」を訪れたオードリー。その看板には「死んでもやめんじゃねぇぞ」という聞き慣れた文字が。演芸好きの店主が蕎麦を食べながら演芸を観られるようステージを併設した店。

話しているうちに突然照明が落ち、「浅草キッド」の前奏が流れる。ステージに登場したのはもちろんビトタケシ。オードリー下積み時代、辞めようかと思っていたときに「死んでもやめんじゃねぇぞ」と言って解散を留まらせた人物だ。

ビトは自分で台本を書いてきたから3人でコントをやろうと提案すると、「俺らは恐れ多いのでビトさんひとりでやれば?」と若林。これにビトは「お前、いつからそういうふうになったの?」と返し、コントをすることに。

最後のオードリーによる漫才では若林「コントもやらせてもらいましてね」、春日「オンエアされるわけねえだろ」、若林「されるだろ、さすがに」とネタにもしていたが、コントはまさかの本編カット。YouTubeで配信に。

【本編未公開!】3時間だけ観光大使|オードリー・ビトタケシのコラボコント

途中場面転換があるようななかなか見ないコントだった。最後の漫才を聞きながら、泣きそうな表情のビトもよかった。


『バナナサンド』

ゲストにハライチ。養成所在学中の19歳で『M-1』3回戦に進出したハライチ。その当時の漫才をやる貴重な映像が。このころはまだ「ノリボケ漫才」ではなかったが、かなり完成された漫才をやっており、伊達も「1年目でこれはスゴい」と感嘆。

岩井は2丁拳銃の漫才が好きで書き起こして勉強していたが、2丁拳銃が『M-1』決勝に出場した際、ファイナルの3組に残らなかった。「このスタイルで、一番おもしろい人でこれだったら俺たちは無理だな」と思い、「特徴的なやつをやらないといけない」と考え「ノリボケ漫才」を開発したという。

「作ってる最中にこれは澤部ばっかり目立つなとは思ったんですけど、でもネタがおもしろけりゃいいやと思った」と岩井。設楽に「こんなに目立たないと思わないもんな」と言われると、岩井は「目立ってないですか? フレーズを残してるつもりなんですけど」と苦笑い。そんな岩井を設楽は「イヤなヤツぽくてホントにちょっとイヤなヤツじゃん。だから笑うとうれしい」「岩井はケンカしたっていいと思ってるからタチが悪い」と、その独特なキャラクターを評す。

今日観たい番組:『金スマ』菅田将暉・田中圭・オードリー・Snow Manの未公開SP

『脱力タイムズ』(フジ)は銀シャリ橋本&板垣李光人。

『金曜日のソロたちへ』(NHK)は「弁護士&人形作家&お笑い芸人」。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)は「おしゃれソロキャンを激安で楽しもう!映える!?バズる!?ブルーシートテント」。

『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS)は「ぺこぱダンサーへの道」第4弾。

『金スマ』(TBS)は菅田将暉・田中圭・オードリー・Snow Manの未公開SP。

『A-Studio+』(TBS)に森山未來。

『アナザースカイII』(日テレ)に大泉洋。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太