HIKAKIN・マツコ対談で語られた「自由を失うこと」と「代わりに得られるもの」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


敬意あふれる対談で語られた、マスとメディアの関係性

『サンジャポ』、ネットでの誹謗中傷に対して太田「なんでも言っていい場所ってないですからね。それは家族の関係でもないわけだから」。

YouTubeで、ももいろクローバーZと早見あかりによる『【ソフィスタンス】アンバサダー就任記念!リモート・トークライブ』。ここで早見が突然、妊娠の報告をするとももクロメンバーは狂喜。サプライズで行われた発表に「そろそろさ、ちょっと先に教えてもらっていい?」と言う百田も、表情は笑顔であふれてる。「幸せな気分になった」「自分のことのようにニヤニヤしちゃう」とみんな本当にうれしそうで、こちらもうれしくなる。「浮き立つ」とはこういうことだって感じでみんながソワソワしていてとてもいい光景だった。

『マツコ会議』、マツコ×HIKAKIN対談。HIKAKINが31歳でその界隈では最年長になってしまうということに、改めて驚く。

「YouTubeの方たちもテレビの出方が手探りだろうし、テレビの人間もYouTubeの人をうまり料理しきれない。あんまりうまくいってるのを見たことがない。そういう結果にだけはするのは嫌だった。だから今日はあんまり意地を張らずにHIKAKINさんに対して思っていることをちゃんと言えればいい」と最後にマツコが語ったとおり、HIKAKINへの敬意あふれる対談だった。

その中でマツコが、マスとメディアについて語った部分は特に興味深かった。YouTubeは好きなことができるというイメージがあるが「関係ないのよメディアって」とマツコは言う。「ある程度さ、名前が知れて、影響力が出てきて、要はHIKAKINさんのようにメジャーになっていくってことは、それに伴って好き勝手できなくなるってことなの。好き勝手しつづけられる人ってのは、そこまでの人なのよ」。

かつてアンダーグラウンド中のアンダーグラウンドにいて悪口言いまくり、暴れまくっていたが、マスの世界に入ってきたらそうはいかなくなったというマツコ。「そのさじ加減ってさ、たぶん誰ひとりとしてわからないと思うの。このぐらい自由も手にしていたい、これぐらい影響力も持ちたい、それをいいとこどりでうまくバランス取るのって、神様でも無理だと思う」。「マスになるってことは自由を失うってことなの。で、責任を伴うの。その代わり、信頼を得られるの」。

『テッパンいただきます』、ダイアン津田に対し千鳥ノブ「おもしろくない自覚だけはあるんですよ」。大悟「おもしろないってことはわかる能力だけあることが不幸よね。どうせならその能力もなかったらよかったのにな」。

TVerで『座王』。これまで約250曲が生まれたという「歌」お題の傑作を集めた「座王歌謡祭」。よくぞ即興で見事にハマる歌詞を入れられるなと思うのと同時に、お題となる選曲もいちいち素晴らしい。秀逸な“名曲”ばかりだけど特にロングコートダディ堂前のクオリティと平和な歌詞がとてもいい。

今日観たい番組:『有ジェネ』「愛と怒りの小峠劇場」など

リモート収録で『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』(NHK)。

『しゃべくり007』(日テレ)はファーストサマーウイカと城田優&志尊淳。

『有田ジェネレーション』(TBS)は「愛と怒りの小峠劇場」と題してこれまでの問題児芸人たちを特集。



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太