明石家さんまが絶賛する、ずん飯尾の“優しい言葉”(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


昨日観た番組:『爆笑ものまね紅白』『バリバラ』など

YouTube配信『みんなのかが屋 コントクイズ王決定戦』。難易度高くて僕はわからない問題も多かったけど、とても楽しかった。アンジャッシュのコントに出てくる女性の名前は毎回決まってる、という問題に「へぇ~」って思った。「スネークマンショー」を答えられない出場者が多いのを見て「世代!」って思った。

『爆笑ものまね紅白』、友近とRGは桂銀淑&堀内孝雄で「都会の天使たち」。途中まで普通にうまいものまねを見せるふたりだが、RGが「せめて『ものまね紅白』あるある言えたら♪」と歌い出し、あるあるへ。「今田さん、ものまねより歌詞褒めがち♪」。

くっきーとなだぎ武は、ドン・フライvsシャムロックに続き、今回はドン・フライvsヴォルク・ハン。まさかこんなところで夢の対決が実現するとは。なだぎのハンが激似。「春よ、来い」の替え歌を照れ笑いを浮かべながら歌うくっきーが可笑しい。フライをハンが絞め落としながら10カウントゴングが鳴る「クレイジー」としか形容しようがないシュールな空間に爆笑した。審査員の鶴太郎は「おもしろいけど、テレビでやることではない」と苦笑い。無観客収録のためスタッフしかいない客席にくっきー「ガチの客よりホンマにやりやすい」。

『さんまのお笑い向上委員会』「自分で言ったものの後悔してます」と言うさんまが「たったひとり」で収録。○○賞を与えるという趣向の総集編だけど、それにさんまの評がつくので一段違ったおもしろさがある。「モニター横という席ができたのはジョニ男のおかげ」と番組誕生のエピソードを語ったり、モニター横で番組に2回しか登場していない「パンツ食い込む芸人」けんじるに対し、「すごいなあ、お笑いの人間。あそこ(食い込んでるか、食い込んでないか)にこだわるのは。感心する」と称賛したり。

そしてずん飯尾を「スベった芸人に対する飯尾のフォローで『生きてる証』ってフレーズがある。あれは芸人サイドにとってはすごい優しい言葉。俺はすごい好き」と絶賛するさんま。「もっと拾えてないんです。あいつのオフのおもしろさを。小さく、小さく(言うから)。本人は『いや、あれ張るとね、おもしろくないんです』っていうこだわりがあるみたいで。そのとおりなんですけど」。

『いいね!光源氏くん』中将殿がホストに。源氏名が「麿呂」だったり、着信音が鈴虫だったり。客からのメールで鈴虫鳴りっぱなし。いちいち小ネタがツボに入る。

『バリバラ』「桜を見る会」第2部。第1部は正直、高く上がった期待を超えるものではなかったけど、第2部はとてもよかった。障害のある夫婦が妊娠した際、親から「赤ちゃんが腐っているから捨てよう」と言われ無理やり堕胎させられてしまったという話は衝撃だった。その際、知らぬ間に不妊手術を受けさせられていたことを知ったのはほんの数年前だと。「募ったけど募集はしていない番組企画」をやったり皮肉も効いていた。玉木幸則のメッセージ「今も内なる優生思想はある 植松聖(※)を罰したとしても  彼を生んだ社会はそのままここに残っている」。

※相模原障害者施設殺傷事件の犯人。3月31日に死刑が確定した。

今日観たい番組:カレースペシャルの『有吉ぃぃeeeee!』など

『関ジャム』(テレ朝)は、リモート収録で「シングルのA面じゃない隠れた名曲特集」と「プロが選ぶジャニーズの名曲特集」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)は「カレーぇぇeeeee!スペシャル!」第3弾。今だからこそ「家カレーぇぇeeeee!」。

『おかべろ』(フジ)は今田耕司後編。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
5月2日 オードリー若林、父との最期の日々で気づかされたこと
5月1日 矢部浩之の説教は、岡村隆史だけでなく僕らにも向けられていた
4月30日 R-指定「男なら全員キムタク目指す。男前の教科書に『木村』って書いてあるでしょ」
4月29日 千鳥・大悟が語る志村けん「僕は友だちでした」「お笑いの教科書の1ページ目に触れた」


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太