さすらいラビー×ママタルト大学お笑い対談<後編>「学生お笑いなんて恥ずかしいと思え」と言われた時代を経て



「学生お笑いなんて恥ずかしいと思え」と言われていたころ

——今の学生芸人は、よしもとやワタナベに行く人が多いイメージなんですが、当時はどの事務所が人気とかありましたか?

中田 スパナペンチ、真空ジェシカが養成所通わずに所属したり、トンツカタン森本(晋太郎)さんがスクールJCA(人力舎の養成所)行って所属になったりとかあって、人力舎が人気だった気がする。俺らのひとつ下のGパンパンダ、フランスピアノとか、社会人経験してる人多いよね。

さすらいラビー中田和伸
当時の事務所人気を思い出す中田

肥満 モシモシも、言ってしまえばそうだからね。

中田 まんぷくユナイテッドもそう。

宇野 当時って、プロから見た「なんだよ、学生お笑いって」って雰囲気があったんだよ。「はいはい、大学お笑いね~(笑)」みたいな。

檜原 僕はずっと「学生芸人」って言ってなかったな。ヒガシ逢ウサカとか、男性ブランコとかマユリカとかと仲よかったんだけど、関東の大会に出るときには、「学生芸人」じゃなくて、「大学お笑い」って言って出てた。

ママタルト檜原洋平
わらゼミの思い出を話していたときの笑顔がなくなった檜原

中田 確かに、「学生芸人」じゃなくて、ずっと「大学お笑い」って言ってたな。

檜原 大人は「学生芸人」って言うんだけど、本人たちは「大学お笑い」って言ってて。

中田 自称はしてないって思ってた。「大学お笑い」って言葉は好きで使ってたけど。

檜原 「学生で芸人をやってるんです」っていうよりは、「大学でお笑いをやってるんです」みたいな。

——では、「大学お笑い」という言葉をよく聞くようになったのは、いつごろですか?

中田 正直、アンゴラ(村長)が『キングオブコント』決勝行くまでは全然なかったと思います。

さすらいラビー
「大学お笑い」という言葉をよく聞くようになったころを思い出す中田(と、宇野)

肥満 アンゴラが行ってもまだだったね。言葉としてはちょっと聞くようになったかなくらいで。

中田 アンゴラ、ひょっこりはん、ハナコ岡部(大)さんとかがつづいて、プロで活躍し始めた人たちがLUDOで括れるようになってきてからが大きいかもしれないね。

さすらいラビー×ママタルト図3
さすらいラビーとママタルトの歴史(2017年〜2020年)

肥満 なんなら、木曜会Z出身でプロになった芸人さんが「学生お笑いなんて恥ずかしいよ」って言ってたくらいだから。

檜原 「学生お笑いを恥ずかしいと思え」と。

ママタルト檜原洋平
なかなか檜原の笑顔が戻ってこない

肥満 だからそのころまでは学生お笑いってアングラで、“恥ずかしい”っていうのも、「ここでウケたからってプロじゃ通用しない」みたいな感じの意味合いで。

——じゃあ、アンゴラさんの決勝進出は大きいんですね。

中田 あと、ホットパンツマンがマンウィズの番組(『MAN WITH A MISSIONの酒場放浪記』)に呼ばれるっていうのも!!

肥満 ホットパンツマン、大ハネ。

ママタルト大鶴肥満
檜原の笑顔が戻る前に、ひとりでめちゃくちゃ笑う肥満

中田 あれもちょっとすごいことになるんじゃないかってなったよね。

肥満 それを受けてのアンゴラだから、やっぱりLUDOはすごいよね。

中田 LUDOは大学お笑い界のよしもとだよね。

さすらいラビー、ママタルトが注目する学生芸人


この記事の画像(全20枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

ふたつぎ

1996年生まれ。青山学院大学のお笑いサークル「ナショグル」に所属し、『M-1』などにもエントリー。卒業論文は『ゴッドタン』(テレビ東京)などを題材にした「お笑い番組から考えるテレビ番組のデザイン」で、佐久間宣行がツイッターで「嬉しかったし、何より面白かったです!」とコメントするなど話題となった。現..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。