寺尾紗穂、逝去した父への思いを歌う「北へ向かう」最新アルバムから先行配信

129
2020.2.14

寺尾紗穂アーティスト写真

シンガーソングライター寺尾紗穂のニューアルバム『北へ向かう』が3月4日にリリースされる。2月14日からは収録曲の「北へ向かう」の先行ダウンロード&ストリーミング配信も開始した。

寺尾紗穂『北へ向かう』

2017年の『たよりないもののために』以来、約3年ぶりとなるオリジナルソロアルバムであり、これまでの集大成と位置づけられている『北へ向かう』。アルバムタイトルにもなっている「北へ向かう」は、寺尾の実父・寺尾次郎の逝去に際し、北陸新幹線で書かれた曲。キセルによるふくよかなアレンジと演奏が伴い、豊かな感情が注がれている。 アルバムではほかにも、あだち麗三郎、蓮沼執太、マヒトゥ・ザ・ピーポー、U-zhaanなども参加している。

デザインとアートワークは、寺尾のエッセイ集『彗星の孤独』も手がけた山野英之。カバー写真とアーティスト写真の撮影は、『家族最後の日』などの著書でも知られる写真家の植本一子が担当している。


寺尾紗穂『北へ向かう』

価格:¥2,700(税別)
発売日:2020年3月4日(水)

■収録曲
1.  夕刻
2.  北へ向かう
3.  一羽が二羽に
4. やくらい行き
5. 安里屋ユンタ
6.  君は私の友達
7.  選択
8.  そらとうみ
9.  記憶
10.  心のままに
11. 夕まぐれ エレクトリックギターバージョン

■参加ミュージシャン:あだち麗三郎(ドラム、パーカッション)、伊賀航(ベース)、池田若菜(フルート)、歌島昌智(民族楽器)、キセル(編曲、ギター、ベース、コーラス)、北山ゆうこ(ドラム、コーラス)、ゴンドウトモヒコ(ユーフォニアム、フリューゲルホルン)、千葉広樹(バイオリン)、蓮沼執太(編曲)、マヒトゥ・ザ・ピーポー(ギター)、U-zhaan(タブラ)

■配信ページ
Apple MusiciTunesSpotify


『アルバムって覚えてる?』プリンスの言葉がずっと頭の中に渦巻いていた――西寺郷太インタビュー(PR)

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ