『M-1』真空ジェシカ、ランジャタイ、オズワルドらが準々決勝進出決定。決勝戦は12/18に

2022.11.1
M-1グランプリ2022ロゴ

文・編集=QJWeb編集部


『M-1グランプリ2022』の3回戦が10月30、31日に東京で開催され、準々決勝へ進出する75組が発表された。


全116組が準決勝へ

8月1日に開幕した『M-1グランプリ2022』は、過去最多となる7261組の漫才師がエントリー。先日発表された大阪・京都の3回戦突破者と合わせて116組が準々決勝への進出を決めた。

東京で開催された3回戦を突破したのは以下の75組。

・真空ジェシカ
・シンクロニシティ
・深海魚
・大仰天
・ママタルト
・サツキ
・くらげ
・入間国際宣言
・エバース
・インテイク
・鶴亀
・10億円
・カラタチ
・ヤーレンズ
・ひつじねいり
・素敵じゃないか
・とらふぐ
・9番街レトロ
・令和ロマン
・ななまがり
・カナメストーン
・きしたかの
・モグライダー
・オフローズ
・THIS IS パン
・カゲヤマ
・シシガシラ
・大自然
・コロコロチキチキペッパーズ
・ダイヤモンド
・ダンビラムーチョ
・ケビンス
・オドるキネマ
・ナイチンゲールダンス
・キンボシ
・アイロンヘッド
・TEAM BANANA
・ダイタク
・ヨネダ2000
・男性ブランコ
・ゆにばーす
・パンプキンポテトフライ
・オッパショ石
・コマンダンテ
・ストレッチーズ
・マリオネットブラザーズ
・さすらいラビー
・ブレード・ランナー
・忘れる。
・リニア
・怪奇!YesどんぐりRPG
・インディアンス
・トム・ブラウン
・演芸おんせん
・阿佐ヶ谷姉妹
・EXIT
・ぶるファー吉岡
・オズワルド
・ウエストランド
・キュウ
・Aマッソ
・納言
・アインシュタイン
・ランジャタイ
・ミキ
・蛙亭
・コットン
・TCクラクション
・井下好井
・かもめんたる
・マッハスピード豪速球
・東京ホテイソン
・カミナリ
・ニッポンの社長
・スパイク

大阪・京都3回戦追加通過
・骨付きバナナ
・キングブルブリン

また、決勝戦は12月18日(日)に行われることが決定した。

さらに、11月中旬には今年の予選1回戦で異彩を放った漫才師を紹介する特別番組『キラリと光るマヂカルスターを探せ!2022』が公式YouTubeチャンネルでプレミア公開される。番組では7261組のネタの中から、変わり種のコンビや、我流ネタを披露する漫才師たちをピックアップ。2020年の王者マヂカルラブリーがネタを分析し、時には激しく冷たくツッコみながら、次世代を担う?漫才師を紹介する。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太