長濱ねるが拾い集める同世代の声──。『クイック・ジャパン』最新号長濱ねる80ページの大特集からキービジュアルを先行公開!

2022.10.4
長濱ねるが拾い集める同世代の声──。QJ最新号長濱ねる80p大特集からキービジュアルを先行公開!

『クイック・ジャパン』vol.163(2022年10月26日(水)から順次発売)の表紙・巻頭特集に、今週スタートしたばかりのNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』への出演も話題の長濱ねるが登場することが決定した。

今回、表紙に先立ち2枚のキービジュアルを公開!


長濱ねるが読み解く20代前半の“リアル”

今年24歳となった彼女は、NHK・SDGsキャンペーン「未来へ17action」への参加やエッセイの執筆、さまざまなドラマでの演技への挑戦など、社会や世の中のことを考えながら活動の幅を大きく広げている。

今回クイック・ジャパンでは「自分と同世代の人たちがどんなことを考えているかを知りたい」という本人のアイデアをもとに、日本全国、それぞれの環境も考え方も異なる長濱ねるの同世代への取材を実施。

「あなたの今の悩みはなんですか?」「今あなたが人生で一番大切にしているもの、好きなものはなんですか?」というような切実なものから「今、自分が使っているSNSのアカウント数を教えてください」といったユニークなものまで、長濱ねる考案の質問に寄せられた声を、彼女自身が読み解くことで、20代前半という自分と社会の関係を作り出す途中の世代のストーリーが浮かび上がるような誌面となった。

先行公開のキービジュアル、舞台は函館

長濱ねるが拾い集める同世代の声──。QJ最新号長濱ねる80p大特集からキービジュアルを先行公開!
『クイック・ジャパン』vol.163掲載、長濱ねる特集より
長濱ねるが拾い集める同世代の声──。QJ最新号長濱ねる80p大特集からキービジュアルを先行公開!
『クイック・ジャパン』vol.163掲載、長濱ねる特集より

キービジュアルは函館で撮影されたもの。路面電車が走る独特な地形の港町──彼女の故郷・長崎と似ているけれど、でも違うところも多い。そんな街を巡りながら24歳の長濱ねるの現在地を追いかける。80ページにわたる大ボリュームの特集をお楽しみに!

その他記事についても鋭意制作中。企画詳細、表紙などは追って公開予定。


『クイック・ジャパン』vol.163

発売日:10月26日(水)より順次発売
サイズ:A5/並製/184ページ


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太