『クイック・ジャパン』vol.158 話題の朝番組『ラヴィット!』の魅力を徹底解剖!総合MC・川島明インタビューも!

2021.12.15
ラヴィット!

文・編集=QJWeb編集部


12月24日より順次発売の『クイック・ジャパン』vol.158では、TBSの朝の帯番組『ラヴィット!』を第2特集として組んでいる(第1特集は東京03)。

関連】東京03が初表紙『クイック・ジャパン』vol.158で70ページ徹底特集。アンタッチャブル、バナナマンなど盟友たちも登場


午前8時のTV革命!!

芸人たちからは“大喜利番組”と呼ばれ、『水曜日のダウンタウン』(TBS)とのコラボも実現するなど、『ラヴィット!』は今、朝8時の帯番組とは思えないほどの盛り上がりを見せている。

今回『クイック・ジャパン』では、「午前8時のTV 革命!!」と題して、『ラヴィット!』独自の番組作りの秘密に迫る。特集の目玉は、総合MC・川島明のインタビュー。番組スタートから8カ月、自身初の挑戦となった朝番組MCとしての試行錯誤や、“大喜利番組”と称される番組への素直な心境を語っている。

さらに朝8時からのスタジオ生放送と、ロケ『見取り図の安くてウマくて〇〇な店』に取材班が密着し、朝の番組としては異例ともいえる『ラヴィット!』の自由なスタイルの理由を深掘り。

そのほか番組での引っ越しロケが注目を集めたニューヨーク、2回にわたる大スベりでSNSを騒がせた相席スタート・山添寛、さらに日向坂46・松田好花との号泣シーンが話題となった元なでしこジャパンの丸山桂里奈に、それぞれの番組内での“事件”の真相を聞くインタビューも行った。

そして『水曜日のダウンタウン』総合演出・藤井健太郎が、『ラヴィット!』での生放送ドッキリの裏側を語るインタビューも掲載。

朝のテレビの常識を覆した『ラヴィット!』の魅力に迫る、16ページの充実した特集となっている。

生放送密着レポート「『ラヴィット!』大解剖」(『クイック・ジャパン』vol.158より)
出演者インタビュー「『ラヴィット!』事件の真相」(『クイック・ジャパン』vol.158より)
総合MC・川島明インタビュー(『クイック・ジャパン』vol.158より)

『クイック・ジャパン』vol.158 第2特集内容

【第2特集】
『ラヴィット!』
午前8時のTV革命
!!

◆スタジオ生放送密着レポート
時間が押しても、面白ければ問題ない

◆ロケ『見取り図の安くてウマくて〇〇な店』密着レポート
笑いが起きるほうへ迷わず飛び込む

◆『ラヴィット!』事件の真相
丸山桂里奈/ニューヨーク/山添 寛(相席スタート)/藤井健太郎

◆インタビュー 川島 明
MCというより、学校の若い先生みたいな感じですよね。スーツも着てないし。

◆川島明 名ツッコミ集


この記事の画像(全5枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太