オークラの青春譚『自意識とコメディの日々』が発売。バナナマンや東京03ら“天才”たちとのストーリー

2021.11.13

文・編集=QJWeb編集部


『クイック・ジャパン』で連載されていた、放送作家・オークラ初のお笑い自伝『自意識とコメディの日々』が12月3日(金)に発売される。


「カルチャーとコントの融合」を目指したチャレンジの日々

1994年、ダウンタウン旋風が吹き荒れる中、お笑いコンビとしてデビューしたオークラ。しかし、才気あふれる芸人たちを前に「俺が一番おもしろい!」という自意識は砕かれ、己の限界を知る。「コント愛なら誰にも負けない」と作家へ転身したオークラは、バナナマン、東京 03、おぎやはぎ、ラーメンズ──新たな才能たちと出会い、数々のユニットコントを生み出し、仲間たちとさまざまなカルチャーを巻き込んだ作品を世に出すようになる。

SAKEROCK、佐久間宣行との出会いから、いつしか夢となった「カルチャーとコントの融合」を舞台で、テレビで、その実現に向けてチャレンジは止まらない。『ドラゴン桜2』の脚本を担当し、「コント愛」が多くの場所に広がった今、オークラの自意識はどこへ向かうのか?  天才たちの側で見た、誰も知らないストーリーが語られる。

また、カバーイラストは設楽統(バナナマン)の書き下ろしとなっている。

見どころ1:まだ無名だったころの数々の出会い

・システム巧者、バカリズム
・バナナマンの衝撃
・日村さんが教えてくれたこと
・設楽さんと過ごした下北沢の⻘春
・人力舎からのスカウト
・山崎君がザキヤマになった日
・おぎやはぎの精神革命
・飯塚悟志との最悪な出会い
・ラーメンズについて
・東京03の覚醒
・佐久間宣行とゴッドタン
・SAKEROCK、素晴らしき才能
・ももいろクローバーとウレロ
・『ドラゴン桜2』ドラマ脚本の広がり


みどころ2:奇跡のユニットコントが誕生したエピソード

・チョコレイトハンター
・FULL CHAMPION STYLES
・SURESUREガレッジセール
・おぎやはぎ+3
・おぎやはぎづかじ
・Setagaya genico
・君の席
・東京ヌード
・宇田川フリーコースターズ

オークラ
1973年生まれ。群馬県出身。脚本家、放送作家。バナナマン、東京03の単独公演の初期から現在まで関わり続ける。主な担当番組は『ゴッドタン』(テレビ東京)『バナナサンド』(TBS)『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)など多数。近年は日曜劇場『ドラゴン桜2』(TBS)の脚本のほか、乃木坂46のカップスターWEB CMの脚本監督など仕事が多岐に広がっている。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 放送作家オークラ『自意識とコメディの日々』

    オークラ『自意識とコメディの日々』

    発売日:2021年12月3日
    サイズ:四六判変形/272ページ
    価格:1,760円(税込)
    ISBN:978-4-7783-1779-9

    関連リンク


Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太