大塚愛が約2年ぶりの新曲リリース「一緒に歌える状況が1日も早く来るよう願っています」

2021.6.24

大塚愛の約2年ぶりの新曲「なんだっけ」のリリースが6月30日に決定。6月25日より歌詞が先行配信される。


6月25日には歌詞が先行配信される

大塚は2003年にメジャーデビューを飾り、同年発売のセカンドシングル「さくらんぼ」が大ヒット。翌年には『日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞し、『NHK紅白歌合戦』にも出場した。その後、「プラネタリウム」「黒毛和牛上塩タン焼680円」「PEACH」など、など多数のヒット曲を手がける一方、楽曲提供、絵本制作、イラストレーション、ドラマや映画への出演など、幅広く活躍。昨年夏には、初めての小説『開けちゃいけないんだよ』を『小説現代 2020年9月号』に寄稿している。

今回リリースされる「なんだっけ」は、“大塚愛”名義では2019年9月リリースのシングル「Chime」以来となるもの。24日には、新曲リリースの発表にあわせて、タイトル「なんだっけ」を象徴するようなクエスチョンマークが印象的なジャケット写真が公開された。リリースに先駆け、6月25日18時には、歌詞検索サービス『歌ネット』にて「なんだっけ」の歌詞が先行配信される。

大塚は、新曲について、

「約2年ぶりの新曲になります。みなさんに歌ってもらえるよう、一緒に歌える状況が1日も早く来るよう願っています。それまで、抱えた心労に負けぬよう、この曲が少しでも役に立ちますように」

と、コメント。2月にはリメイクアルバム『犬塚 愛 One on One Collaboration』とライブ作品『LOVE IS BORN ~17th Anniversary 2020~』が発売されたばかりだが、いよいよ待望の新曲の登場となる。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太