『Sony Park展』にmillennium parade、YOASOBI、Creepy Nutsほかソニーミュージックの6組のアーティストが参加

2021.6.8

millennium paradeやYOASOBIほか、ソニーミュージックの6組のアーティストが参加する『Sony Park展』が、東京・銀座のGinza Sony Parkにて6月26日(土)よりスタートする(事前予約制)。


「新Ginza Sony Park」の建設工事を前にしたファイナルプログラム

『Sony Park展』は、ソニーが取り組んでいる6つの分野「ゲーム」「音楽」「ファイナンス」「映画」「半導体」「エレクトロニクス」に6組のアーティストが参加し、そこでしか体験できないプログラムを提供するものだ。

参加するのは岡崎体育、奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、millennium parade、YOASOBI、Creepy Nutsの6組。それぞれ、「ゲームは、社交場だ。(岡崎体育)」「音楽は、旅だ。(奥田民生)」「ファイナンスは、詩だ。(東京スカパラダイスオーケストラ)」「映画は、森だ。(millennium parade)」「半導体は、SFだ。(YOASOBI)」「エレクトロニクスは、ストリートだ。(Creepy Nuts)」といったタイトルがつけられており、期間ごとに遊び心あふれる体験型イベントが展開される。企画の詳細は順次発表される。

会場となるGinza Sony Parkは、東京・銀座で50年間つづいたソニービルの跡地に2018年8月に誕生した。「街に開かれた施設」というコンセプトを継承・進化させ、アート、デザイン、音楽、映画、食、ファッション、テクノロジーなど、多岐にわたる分野の個性豊かなパートナーと共に”変わりつづける実験的な公園”を創り上げてきたが、2024年の「新Ginza Sony Park」完成に向け、今年10月より建設工事に入る。このイベントは現在の「垂直立体公園」の空間形態としてはファイナルプログラムとなる。

会場では、ソニーを支えるテクノロジーやデザインをテーマにした「Audio Game Center +」「人類の未来のための研究 -ソニーCSL研究公開(仮)」「Sony Design × Sci-Fi Prototyping展 (仮)」という3つのイベントも並行して開催される。さらに地下4階には、創業者のひとりで、ソニービルを創業した盛田昭夫の生誕100年を記念し、「Bar Morita」もオープンする。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太