5GAPの久保田賢治と秋本智仁が「クボケン」と「トモ」で再出発 コンビ名はそのまま

2021.3.24

吉本興業所属のお笑いコンビ「5GAP」の久保田賢治と秋本智仁が、それぞれ「クボケン」と「トモ」に改名することを発表。新たな名前でスタートする。

千鳥・大悟のアドバイスでコンビ名は「ステイ」

5GAPは、NSC東京校の5期生のふたりが1999年に結成したコンビ。ピース、平成ノブシコブシ、三瓶らを同期に持つ彼らは、ハチャメチャなキャラコントを武器にお笑い番組を盛り上げてきたが、ブレイクするには至らず、自らを「0.5発屋芸人」と表現。しかし今年に入って『アメトーーク!』(テレビ朝日)や『テレビ千鳥』(テレビ朝日)などで少しずつ爪あとを残すようになり、結成20年を超えて、注目の存在となっている。

今回の改名は、かねてより本人らが「5GAP」という名前を「ベタな芸風にもかかわらず、カッコつけたコンビ名」と、感じており、さらにふたりの本名が占い的によくなく、どちらも“大病する可能性がある”とのことから、行われたもの。3月23日放送の『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)の番組内で正式に発表された。本人たちはコンビ名も変えるつもりだったが、千鳥の大悟が「今、“5GAP”っていう名前をちょこちょこ聞くようになったから、ステイのほうがええ」とアドバイスしたため見送られた。

新たな名前となった5GAPだが、「クボケン」は「同期に呼ばれていたあだ名」、「トモ」は「呼びやすいんじゃないか」という理由で決まったとのこと。ふたりはそれぞれ、

「5GAPのコメディひげおじさんことクボケンでーす!ピッピッピー!」(クボケン)

「5GAPのツッコミの“ハゲ”じゃなくて“トモ”で覚えてください」(トモ)

と、コメントしている。

この記事の画像(全1枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

関連記事