平手友梨奈がG帯連ドラ初出演『ドラゴン桜』で「部活に打ち込む生徒」に

2021.3.16

4月スタートのドラマ『ドラゴン桜』(TBS)に、平手友梨奈が生徒役で出演することが決定。彼女にとって初のゴールデン帯連続ドラマ出演となる。


演じるのは「何事にも全身全霊で取り組む生徒」

『ドラゴン桜』は、『モーニング』に連載中の三田紀房のマンガ『ドラゴン桜2』が原作の物語だ。2005年に放送された前作では、倒産寸前で低偏差値の私立龍山高校にやってきた主人公の桜木建二(阿部寛)が、龍山高校を超進学校に生まれ変わらせようと生徒と共に奮闘する姿が描かれたが、今作の舞台はそこから15年後。大学受験が大きな転換期を迎えるなか、桜木が強さと共に愛情を持って生徒に寄り添っていく姿を描く。

前作では、新垣結衣、山下智久、長澤まさみ、小池徹平、中尾明慶、紗栄子(当時はサエコ)など、その後、日本を代表する俳優へと成長した「東大クラス」の生徒役の顔ぶれにも注目が集まったが、今作も豪華なメンバーが集う。桜木のかつての教え子の長澤まさみをはじめ、及川光博、元宝塚雪組トップスターの早霧せいな、江口のりこらの出演が決定。生徒役には平手のほか、南沙良、志田彩良、加藤清史郎、鈴鹿央士、細田佳央太らの出演が発表されている。

平手が演じるのは、全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している岩崎楓。何事にも全身全霊で取り組み、期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう強豪校のバドミントン選手という悩み多き年代を演じる。初主演映画『響 -HIBIKI-』で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している平手にとって、ゴールデン帯の連続ドラマ出演は今作が初。平手は、

「楓という役をまだ把握しきれていないので、早い段階で見つけられるようにしたいと思います。初めてのことだらけなので、すごく緊張していますが、この作品を通して何か響くものを届けられたらと思っております」

と、語っている。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太