ハロプロのYouTube番組は驚愕の充実ぶり、今こそ見返すべきである

2020.3.28


初出しトーク満載『tiny tiny』

ハロー!プロジェクトYouTube tiny tiny
『tiny tiny』

毎回ハロー!プロジェクトからメンバーをゲストに招き、そのパーソナリティーに迫っていくトーク番組。MCはこの3月までシャ乱Qまことと加藤紀子が、4月からはみつばちまき、中島卓偉、松原健之が務める。

食レポ、小さなこだわり紹介などのミニコーナーはあるが、基本的には平場トークのみのシンプルな構成で、全体的なトーンも抑えめだ。エンタテインメント性を重視するわけではなく、本気でメンバーの素顔に迫ろうとしているという意味では、かなりハードコアなテイストだと言えるだろう。

少々地味な印象であるのは間違いないが、ここでしか語られない初出しトークなども多く、熱心なハロプロファンには欠かせない番組だ。

見切れないほどの充実ぶり『OMAKE CHANNEL』

ハロー!プロジェクトYouTube OMAKE CHANNEL
『OMAKE CHANNEL』

メンバーによるさまざまな短い動画を不定期にアップしている『OMAKE CHANNEL』も含めて、YouTubeでの動画配信に積極的なのがハロー!プロジェクトである。しかも、新型コロナウイルスの影響で始まったものではなく、何年も前から毎週数本の番組をアップしているので、アーカイブ映像はたっぷり。いくら時間があっても見切れないほどの充実ぶりなのだ。

“ライブこそがハロプロの醍醐味”、“現場に行かなければ本当の魅力はわからない”などという声があるのは事実であり、それもまた嘘ではないだろう。しかし、これらのYouTubeの番組の中には、ライブやレコーディング、そして、新メンバー発表や新グループ結成などの歴史的瞬間といった、興味深い映像があふれている。ライブに行けない今だからこそ、YouTubeでハロプロのさまざまな側面を楽しんでみるのはいかがだろうか。


▶︎【総力特集】アフターコロナ
『QJWeb』では、カルチャーのためにできることを考え、取材をし、必要な情報を伝えるため、「アフターコロナ:新型コロナウイルス感染拡大以降の世界を生きる」という特集を組み、関連記事を公開しています。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



相羽 真

Written by

相羽 真

(あいば・まこと)ライター。1975年生まれ。神奈川県出身。近年の主な執筆分野は芸能・エンタメ全般。WEBメディアの編集も担当。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太