BABYMETALはなぜ世界で支持されるのか。マーティ・フリードマンが分析

2020.1.22
QJ vol.125

取材=渡辺裕也


2018年にYUIMETALが脱退するも、今も世界を舞台に快進撃をつづけ、2020年1月下旬には幕張メッセ2DAYSも控えるメタルダンスユニット“BABYMETAL”。
なぜ彼女たちは世界から支持されるのか。その音楽的な特異性を、世界的ヘヴィメタル・バンド“メガデス”のギタリストとしても活躍したマーティ・フリードマンが徹底分析。BABYMETALをちょっと変わったアイドルと思っている方、これを読めばその認識が変わるはずです。

※本記事は、2016年4月22日に発売された『クイック・ジャパン』vol.125掲載のインタビューを転載したものです。


「演奏・声」から見たBABYMETAL

曲づくりと演奏は超A級。 サウンドがヘヴィであるほど彼女たちが引き立つ

――まずは神バンドのことをお聞きしたいんですが、なかでもギターの神様は、マーティさんとも同業ですね。

マーティ そうなんですよ。ギターの神は非常に華があります。パフォーマンスもすごく派手でパワフルだし、本当に理想的ですね。もしあの神さまがいなかったら、神バンドは本当にソンすると思います。ほかの神々3人のバックに徹するときもあれば、ギターがメインになる場面もありますよね。つまり、その時々の立場をうまく使えるギタリストなんです。で、そういうギタリストは、演奏の上手さだけではダメなんですよ。

――演奏力の他に、もっと大事なものがあるということ?

マーティ はい。それは何かっていうと、“関係を大切にできる”ということですね。あと、常識。あの神様はとにかくプロ根性にあふれていて、チャレンジングなことに対して何ひとつ文句を言わず、イカサマもせず、とても綺麗に演奏します。そして、その時々の立場をちゃんと理解できるので、ほかの神々を邪魔するようなことは絶対にしない。 それは本当に素晴らしいところだと思ってます。

――なるほど。ほかの神々についてはどうですか。各プレイヤーをどう見ているのか、ぜひ教えてほしいです。

マーティ ほかの神々についてはそんなに詳しくないので、具体的な話は何もできないんですが、とにかくギターの神様はいろんな顔を持っていますね。とてもユニークな音楽センスを持っていたり、典型的なメタル・ギタリストとはまったく違った、とても幅広い演奏ができる面もあったり……演奏には本当に感動します。海外を見渡しても、そうそういないんじゃないでしょうか。

――どの方もすごいテクニックを備えたギタリストですよね。

マーティ BABYMETALの楽曲を演奏するためには、ハイレベルなプレイヤーが必要ですからね。ただ、もしテクニックがすごいだけなら、僕は神バンドに興味ゼロだったかもしれない。それよりも大事なのは、BABYMETALの演奏に参加している人たちは、一人ひとりのセンスとプロデュース力が素晴らしいし、どのパートにもチャレンジングな演奏がいっぱいあるってこと。あのバンドの本当に素晴らしいところは、そこなんです。

――では、あくまでもひとつのヘヴィメタル・バンドとして見たとき、BABYMETALおよび神バンドにはどんな特徴がありますか。

マーティ BABYMETALの曲づくりと演奏は、超A級です。コンセプトや彼女たちのボーカルをいったん抜きにしても、サウンドが本当に素晴らしい。 だから、BABYMETALは海外のどんなメタル・バンドと並んでも大丈夫なんです。

――そもそもメタルって、歌詞以上にサウンドが雄弁な音楽ですよね。音の重さや速さですべてを語るジャンルというか。

マーティ そのとおりです! 実はそこが一番重要で、もし彼らが“平均的に見て、なかなか良いヘヴィメタル・バンド”だったら、BABYMETALがここまで注目されることはなかったと思います。でも、BABYMETALはそうじゃなかった。だからみんな、BABYMETALのことを軽く見ることができないんですよね。それは神バンドのおかげだと僕は思っています。

――あのバンド・サウンドが生まれたからこそ、誰もがBABYMETALを無視できなくなったと。

マーティ そうです。だって、BABYMETALを聴いて「まあまあ、いいよね」なんて、絶対に言えないじゃん。 大好きか、大嫌いか。BABYMETALを聴いた人には、その2種類しかいないと思う。だって、大物と言われる人たちはみんなそうでしょ?

――アンチがいない大物はいませんからね。

マーティ まさにそうなんです。だから、純粋なヘヴィメタルが好きな人のなかには、「こいつら、メタルを舐めてるな」と思ってる人も当然いるでしょう。でも、その逆に、BABYMETALを聴いて「こういう音楽をずっと待ってたんだ!」と感じている人は、今、世界中にたくさんいる。うん、僕もそうですね。ちなみにひとつだけ言っておくと、僕は別にメタル好きじゃないですよ(笑)。僕は、おもしろい音楽が大好き。だから、純粋なヘヴィメタルにはそこまで興味がないんです。 あと、僕はBABYMETALのことを「ヘヴィメタル・バンドをバックに歌っている女の子3人組」だとは思ってないので。

――いわゆるアイドルとは別モノとして見ているということ?

マーティ そうです。そもそも僕はBABYMETALについて話すとき、“アイドル”という言葉は使いませんから。僕はBABYMETALのことを、バンドやスタッフを含めたひとつのプロジェクトとして見ているんです。

ヘヴィメタルのあり方に、BABYMETALはまったく新しい調味料を加えた

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

渡辺裕也

Written by

渡辺裕也

(わたなべ・ゆうや)音楽ライター。1983年生まれ。福島県二本松市出身。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太