配信で観られる日本未公開映画4選!グッチーズ・フリースクール推薦

2020.1.18

まさかの登山映画『トリプル・フロンティア

暴力と黒い血=石油、骨太なアメリカ物語『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』を撮った実力派J・C・チャンダー監督の麻薬犯罪もの。ベン・アフレック、オスカー・アイザック、チャーリー・ハナム、ペドロ・パスカルにギャレッド・ヘドランドという面々を見て、相変わらずゴリゴリで渋いアメリカ映画を撮っているなあ、と思ったのは前半までだ。
米陸軍特殊部隊だった仲間を集めて、麻薬王を襲撃。大金を強奪したのはいいが、札束が多すぎてヘリがアンデス山脈を越えられないという珍事から、マッチョ5人が重い札束をかついでボヤきながら登山するという展開に。ひたすらに重いブツとしての札束ひとつによって、手堅い活劇からシュールで滑稽なサバイバル劇への変貌は、監督の妙味か、気の迷いか。
実にヘンテコな映画で、チャンダー監督作の中で最もつかみどころのない本作は、その計り知れなさゆえに埋もれさせたくないと強烈に思わされ、大穴狙いで配給するのも一興だ(実のところNetflix映画のため配給は難しいが……)。こういう映画に限って、気づいたら監督の最高傑作なんて言われる日がくる……かもしれない。

『トリプル・フロンティア』(字幕版)

インディペンデント精神あふれるすべてのものたちへ『ルディ・レイ・ムーア

『ハッスル&フロウ』、『ブラック・スネーク・モーン』、『フットルース 夢に向かって』と、音楽で救われる人々を描き続けてきたクレイグ・ブリュワー監督の新作は、70年代に活躍した実在のミュージシャンでコメディアンのルディ・レイ・ムーアをエディ・マーフィが演じた伝記映画だ。ブリュワー監督作にとっては絶妙な題材で、これだけで配給!となるのだが、Netflixオリジナルだから打つ手なし(でも作ってくれてありがとう)。
ブリュワー映画の主人公である持たざる者たちは、貧者だからこそのアイデアによって、身の回りにあるものを組み合わせ、作り変え、オリジナルを生み出していく。だから始まりはいつも自宅だ。再起をかけて自らを作り変えるとき、自分のみならず世界が輝き出す幸福な瞬間こそ、インディペンデントがもたらす、なにものにも代えがたい恩恵だろう。このままでは終わるはずがないと野心を抱くインディペンデント精神あふれるすべての者たちとともに、ムーアが実際に監督した『ドールマイト』シリーズ映画祭の開催が待望される。

『ルディ・レイ・ムーア』予告編(字幕版)

この記事が掲載されているカテゴリ

グッチーズ・フリースクール_降矢聡

Written by

降矢 聡

(ふるや・さとし)映画上映団体グッチーズ・フリースクール主宰、『ムービーマヨネーズ』企画・編集。2020年3月7日に編著『USムービー・ホットサンド 2010年代アメリカ映画ガイド』(フィルムアート社)が刊行。また『DVD&動画配信でーた』にて、コラムを連載中。共著に『映画を撮った35の言葉たち』、..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太