Aマッソ

Aマッソ

ワタナベエンターテインメント所属の村上と加納による女性お笑いコンビ。『女芸人No.1決定戦 THE W』2021年ファイナリスト。

小学校のころからの幼なじみで、2010年にデビュー。2015年、“最も面白い無名芸人”を決定する番組「爆笑ファクトリーハウス 笑けずり」(NHK BSプレミアム)に参加し、2位となる。2016年には冠ネット番組「Aマッソのゲラニチョビ」がスタート。2016年に『M-1グランプリ』、2017年に『M-1』と『キングオブコント』の準決勝に進出。

2021年10月に週刊誌の突撃取材によりAマッソのふたりがお互いに結婚していたことが判明。その後、RADIOTALKのラジオ番組『Aマッソのヤングタウン』にて結婚していたことを正式に報告。村上の結婚相手は放送作家で、加納のお相手はバンドマンである。

村上
本名は村上愛。2020年にパソコンを購入し、動画編集の勉強を始める。Aマッソ公式チャンネルでは自身で編集した動画が公開されている。2021年より太田出版Quick Japan別冊『芸人雑誌』にてエッセイ「うちのエッセイ」の連載を始める。同連載内の写真も撮影している。

加納
本名は加納愛子。ネタ作りを担当している。2018年5月より、webちくまにてエッセイ『何言うてんねん』の連載を始める。2020年11月には『イルカも泳ぐわい。』として書籍化され、自身初の短編小説「帰路酒」を書き下ろした。

関連
『Aマッソのがんばれ奥様ッソ!』は「最悪で最高のトラウマ番組」奥森皐月がネタバレレビュー
奥森皐月が振り返る、2021年のお笑い賞レース「ランジャタイにすべてをぶち壊してほしい」
『THE W』Aマッソ、天才ピアニスト、オダウエダ激戦の採点結果を振り返る。お願いです、審査員のコメントも聞かせてください
Aマッソ加納、同居する相方・村上に抱いた不満と不安「こんなやつと天下取れんのか?」
Aマッソ、「配信は芸人が自分の価値を見失う」。ふたりが新しいネタを作りつづける理由
Aマッソ、メディア引っ張りだこも「このままやったらあかん」。伝説のラジオに大抜擢された今、何を思うのか
コンビ大喜利王決定戦『AUN』、Aマッソが紺野ぶるまを挑発し、真空ジェシカとの決勝へ。カオスと化した一部始終
Aマッソが踊り、真空ジェシカが漫才を始める。前代未聞のコンビ大喜利ライブ『AUN』を見逃すな!
Aマッソと金属バット、やさしいズ、しゅーじまん…ヒラギノ游ゴの<2020年ヘビロテお笑い動画ベスト5>

Aマッソ
に関する記事一覧

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太