「やっても地獄、やらなくても地獄」ライブ自粛に翻弄される現場の声

2020.3.1


厚労省「個人事業主への助成予定はない」

新型コロナウイルス発生の初期段階、日本では「台湾は危ない」と話題になっていたのに、実際は逆なのかもしれない。このことからわかるのは、日本人の“全体の空気に流される国民性”だ。ツイッター発のデマによってトイレットペーパーが品切れになるなど、集団ヒステリーのようなものも起こっている。自分の頭で考えず、全体で思考停止に陥る。東日本大震災のときもそうだったが、これでは戦前と同じだ。

経済産業省では企業支援の施策を案内しているが、ほかにも国がこの状況を救う特別な措置は用意しているのだろうか?

経済産業省「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」より

厚生労働省に問い合わせると、

「雇用保険に入っている中小企業については、融資や助成金の用意があるが、現在のところミュージシャンなど、個人事業主に対してなんらかの助成金を用意する予定はない」

との回答を得た。非正規やフリーランスが圧倒的に増えていくなかで、国家のシステムは一向に変わる気配はない。安倍総理は2月29日夕方に行われた会見でも、スポーツ・文化イベントの中止や延期、規模縮小を改めて求めたが、その保障について具体的に語られることはなかった。

一方、株式会社ペイノアは中止になったイベントキャンセル費用を最大全額・手数料0円で「前払い」するサービスを開始。クラウドファンディングサービス「READYFOR」は損失が発生したイベントに対して7%の手数料が差し引かれ、5%の決済手数料のみで資金を集められるプログラムを、「CAMPFIRE」は中小企業や個人を対象に通常12%の手数料が差し引かれ、5%の決済手数料のみで資金を集められる支援プログラムを発表した。国家のセーフティネットがほぼ壊滅状態にあるなかで、社会での相互扶助システムがWEBから生まれてきていることは注目に値する。希望はある。

僕はこのあとFacebookにこう書き込もうと思っている。

「日本還沒完蛋(日本はまだ終わってない)」

QJWebを応援してくださる方、サポートをお願いします。今後の運営に活用いたします。

関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



神田桂一

Written by

神田桂一

(かんだ・けいいち)1978年、大阪生まれ。ライター/編集者/総合司会。カルチャーからジャーナリズムの領域まで節操なく執筆。著書に『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』シリーズ(宝島社・菊池良と共著)。初の単著(ノンフィクション)をもうすぐ出します。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太