不妊の原因は男にもある。結婚3年、僕の精子を調べてもらった、拡大して確かめた

2021.5.19


精子の質をよくする7つのポイント

この結果をもとに、精液検査の疑問などを後日、神田西口クリニック院長・板東大晃氏に改めて話を聞いてみました。

神田西口クリニックの板東医師
神田西口クリニックの板東医師

──ネットで精液検査を調べたところ、料金がまちまちだったのですが……。

板東大晃(以下、板東) インターネットで精液検査を提供しているクリニックを検索して相場を確認して決めています。あとは、各自治体で不妊治療検査の助成金を用意しており、東京都では最大5万円まで助成されますのでそちらも参考にします。

──そもそも男性不妊になる割合はどれくらいなんですか。

板東 通常のカップルのうち約15%が不妊です。また、その内訳としては男性のみが原因の割合が24%、女性のみが原因の割合が41%、男女共に原因がある割合が24%、不明が11%となっています。

──今回、精子の運動率が基準値より10ポイントほど低いのですが……。

板東 これは精子を溜め込む日数に影響されます。受診の2~3日前に一度、射精しておくと、元気な精子が作られて、運動率と総運動精子数も上がります。また、射精してから検査までのタイムラグがあるためその間に精子が不活発化したり、死んでしまったりするためです。そこまで気にしなくていいでしょう。

──その他の結果はどう見たらよいのでしょうか?

板東 総運動率以外の結果は悪くないので、特別な治療は必要ないと思います。そもそも基準値は絶対的なものではありません。基準値以下だと妊娠しづらくなりますが、その場合は、生活指導すると共に、抗酸化剤・亜鉛・漢方薬などの内服や陰嚢の冷却シートの使用を推奨しています。

ちなみに精子の質をよくするためは、主にこの7つのポイントを守るのがよいと思います。

■ウォーキングなどの軽めの運動(メタボ対策)
■1日3食、バランスの取れた食事(亜鉛が含まれる牡蠣やピーナッツ、ビタミンC、ビタミンE、還元型コエンザイムQ10など抗酸化物質)
■1日7時間程度の長さで、決まった時間に就寝、起床する睡眠
■長風呂をせず、長時間のサウナも避ける
■自転車、バイクに長時間乗らない
■深酒しない
■禁煙

坂東「7つのポイントを守るのがよいと思います」
板東「7つのポイントを守るのがよいと思います」

精子の動き具合をチェック

こちらのクリニックでは、書面での結果報告のみで、動画で精子が動くところを見ることはできませんでした。なので、今回、これとは別に、自宅でできる精子検査キットを使ってみることにしました。

人材大手のリクルートをはじめ、意外にもいろんな会社が開発・販売していたのですが、スマホ用の精子観察キット「TENGA MEN’S LOUPE(テンガ メンズ ルーペ)」(1650円)を通販サイトで購入しました。

説明書にならって精子を1、2滴レンズつきのプレートに乗せるだけで、簡単に泳ぐ精子を観察できるそうです。スマホのカメラを起動して、「550倍のレンズ」で精子を観察するのですが、これがなかなか難しくて、ピントの調整にひと苦労。

結果はスマホで確認できるのですが、うーん。おお……1、2、3と、メダカみたいなのが元気に動いているけど、今度はなんだか数が少ない?

「550倍のレンズ」で撮影した自分の精子
「550倍のレンズ」で撮影した自分の精子

実際、参照動画と比べてみたところ、濃度(7700万匹/ml)と運動量(58%)は基準値を超えていたのに、精液量は基準値(1.5ml)以下。あくまで簡易的なものだったので、先ほどのクリニックでの検査に比べて、数値に違いが出てしまったのかも。いずれにせよ、事前の準備次第なんだなぁと強く感じました。

現実的に考えれば、年齢を重ねるほど精子の量と質の劣化は避けられません。正直、これまで出産や子育てのことを気にしていたのは妻ばかりで、私自身、精子について考えることはほとんどありませんでした。「不妊治療」もどこか他人事だったかもしれません。

日本産科婦人科学会の発表によれば、日本で生まれてくる子供の16人に1人は体外受精で生まれてくるといいます(『朝日新聞アピタル』2020年10月1日)。体外受精だと1回数十万円の費用がかかることもあります。

若いうちのほうがもし何かあっても将来設計への影響は小さいですし、パートナーの悩みをもっと身近に感じられるはずです。もし不妊に悩んでいる男性がいたら、まず1万円前後、あるいは数千円の簡易チェックから自分の精液検査をしてみてはどうでしょうか?


この記事の画像(全8枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

詠シルバー祐真

Written by

詠シルバー祐真

(ながみ・しるばー・ゆうま)1990年群馬県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業後、扶桑社に入社。雑誌『週刊SPA!』の編集を経て『bizSPA!フレッシュ』編集長に。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。