なぜ昔のたけしはOKで今の松本人志はNGなのか。『ワイドナショー』へのインテリ業界の反発から考えるこの国の「道理」

2021.3.7


ぶっちゃけヤバい予感しかない

で、そこに何が見えるのかというと、出来合いの膨大な思考材料から「自分に使えそうな」ものを取捨選択して世界を、というか「道理」のメカニズムを構築してその説得力を競い、時に激しくバトったりする世界だ。でもってその「取捨選択」というのが、なんだろうな、旧世代の人間が連想する思考プロセスとは何か根本的に違うのが印象的だったり。えーと、宮崎駿の『ナウシカ』の世界で、滅亡した旧文明の遺跡からエンジンを掘り出して使う場面があるけど、ちょっとあんな感じに近い。妄想の余地を情報で埋め尽くされたら、後続世代がこうなるのは必然なのかもな、と思わなくもない。

カリスマYouTuberとその周囲のリスナーには都市国家っぽい文化圏が形成されていて、時にその都市国家どうしが「道理」をぶつけ合って戦ったりする。これは知的砂箱の中での異種格闘技戦じみていてなかなか興味深い。特に、「リベラル」「保守」といったアラフィフ世代が大好きな言論的枠組みそのものをまるで信用していないあたりが超興味深い。また、カリスマYouTuberの知的能力のうち「説得力」のパラメータだけが妙に肥大化してサギ商法に走ってしまい、結局バレて炎上して訴訟沙汰になるケースもあったりして、要するに今この界隈は、人間のナチュラルな賢さと愚かさ、そして宿業が凝縮されながら蠕動する見本市みたいな状況を呈している、といえるだろう。

そして私は思う。
いずれこの原始の有機スープみたいな環境から、何かすごいヤツが出てくるのではないか、と。

そのとき、既存の社会的理性は彼らが携える「道理」と「文脈」にうまく対応できるのか?
文化的権威層の興味ベクトルを見るに、ぶっちゃけヤバい予感しかない。
そういえば、ナポレオンとかヒトラーとか毛沢東も、こういった「思考材料の闇鍋」的なカオス状況から出現したのではなかったか。
だからたとえば、「なぜヒトラーを防げなかったのか?」的なテーマについて、実際には、現時点での想定の2万倍ぐらいは困難なんじゃないか、と思ったりする。


この記事の画像(全2枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

マライ・メントライン

翻訳(日→独、独→日)・通訳・よろず物書き業。ドイツ最北部、Uボート基地の町キール出身。実家から半日で北欧ミステリの傑作『ヴァランダー警部』シリーズの舞台、イースタに行けるのに気づいたことをきっかけにミステリ業界に入る。ドイツミステリ案内人として紹介されたりするが、自国の身贔屓はしない主義。というか..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太