納言・薄幸が女優への道を諦めた日 やりたいことに気づかせてくれた“憧れの人物”さまぁ〜ず

2021.1.29

そうか、私はお笑いが好きなんだ。

撮り溜めていた番組一覧を見てみると、ネタ番組やトーク番組、バラエティ番組ばっかりだった。私は女優になりたいと思っていたが、映画やドラマなんてほぼまったく観ていなかった。一番好きな番組は、『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』。持っているDVDはさまぁ〜ずさん。そうか、私はお笑いが好きなんだ。

『さまぁ~ず×さまぁ~ず DVD-BOX』

女優を諦めたその日から、私はお笑い芸人に憧れ、憧れの人物がさまぁ〜ずさんになった。考えの浅さもエグいけど、行動力もエグい私は、次の月からは、さまぁ〜ずさんと仕事ができる日を夢見ながら、お笑い養成所に通うようになっていた。

卒業後もテレビに出るのは本当に大変だった。何度もスベり、何度もオーディションに落ちてはヘコむ毎日。それから8年ほど経ち、よくやく少しずつテレビにも呼んでもらえるようになってきた。収録や取材なんかでよく「誰に憧れているのか?」と聞かれることがあったが、さまぁ〜ずさんの名前は出さなかった。なんかこっぱずかしいというか、言うなら一緒に仕事させてもらったときに言いたい、と。なんとなくだけど、そう思っていたからだ。

結成当初の納言

本当に少しずつだけど、仕事も増えていき、やさぐれ飲酒へビースモーカーだなんていう、この上なく汚い認知のされ方もして頂け、街でも声をかけてもらえるようにもなった。

「酒を飲まないと吐く」くらい緊張。さまぁ~ずとの初仕事

そして去年。お笑いを始めてから、ちょうど10年。初めてさまぁ〜ずさんと仕事させてもらうことになった。しかも、さまぁ〜ずさんと居酒屋で酒を飲むという最高の仕事。本番前、私は『M-1』の予選と同じか、もしくはそれ以上に緊張していた。

緊張をほぐすため、居酒屋だからという言い訳をして、収録が始まる前にスタッフさんの許可を得て、酒を飲ませてもらった。とんだクズ行為だっていうのは、わかってるよ。でも、そこまでしないともう吐きそうなくらい緊張していたのだ。酒を飲まないと吐く、っていうのも摩訶不思議な話だけど。

どうにか会話が成立するくらいの状態に持っていき、いざ本番スタート。

本物のさまぁ〜ずさん。大好きなさまぁ〜ずさん。さまぁ〜ずさん本人たちの前で私は「憧れています」ということができたのだ。ひとつの夢が叶った。本番前は今日でもうお笑い辞めてもいいくらいまで思っていた。

でも、人間というのは貪欲なもので「憧れています」と口にした瞬間、お笑いまだまだ辞めないぞ、という決意に変わったのだ。さまぁ〜ずさんを筆頭に尊敬しているたくさんの先輩たちと、もっともっと仕事をするためにも、絶対に辞められない。そして、私もいつか誰かの“憧れの人物”になって、ソイツと仕事がしたいなと、心から思った、そんな一日だった。

納言・薄幸の「クイックジャーナル」は毎月1回の更新予定です。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全7枚)


ARTICLE LIST

薄幸(納言)さんの関連記事一覧

薄幸(納言)さんの
新着・人気記事をお知らせします。