『ミセス・アメリカ』『ワンダヴィジョン』…コロナ禍でも日本上陸!2021年の海外ドラマ注目作

2021.1.23


まだまだつづく“動画配信・戦国時代”

そして、映画『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011年)のポール・フェイグ監督らが製作総指揮を務める、笑って泣ける新しいミュージカル・コメディ『ゾーイの超イケてるプレイリスト』(3月25日からスーパー!ドラマTVで放送)も楽しみ。

Zoey’s Extraordinary Playlist (NBC) Trailer HD - Jane Levy musical drama series

また、Netflixは、2021年に配信開始予定のオリジナル映画をこんな動画でまとめて紹介している。スターの顔ぶれの豪華さは圧倒的。

Netflix 2021年の新着映画 予告編

さてここで、米国が拠点の動画配信サービスの最新事情を整理しておこう。

やはり大躍進したのがNetflix。今年1月19日の同社の発表によれば昨年末、世界合計の契約者数は2億人を突破したという。すでに日本だけでも500万人を突破し、一昨年から昨年にかけて200万人も増えた。

動画配信以外のサービスも充実しているAmazon Prime Videoはある意味比較の対象にならないが、ほかの動画配信サービスも奮闘している。ディズニープラスは、マーベル・スタジオ初のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』が好評だ。“アベンジャーズ”のメンバー、ヴィジョン(ポール・ベタニー)と、スカーレット・ウィッチことワンダ(エリザベス・オルセン)という夫婦をダブル主人公にした、やはり野心的ドラマだ。

『ワンダヴィジョン』新予告 | ディズニープラス

米国では、『ゲーム・オブ・スローンズ』などで知られる全米HBO局&ワーナー映画系列の“HBO Max”(『ゴシップガール』のリブート版に期待がかかっている)や、大手映画会社系列の“Paramount+”も始動。2021年は、そんな“動画配信・戦国時代”は引きつづいてエキサイティングな一年になりそうである。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

海外ドラマ評論家_池田敏

Written by

池田 敏

(いけだ・さとし)海外ドラマ評論家・映画ライター。映画誌『月刊スクリーン』(近代映画社)などに寄稿し、WOWOWのアカデミー賞授賞式中継などテレビ番組の監修も。著書は、海外ドラマの初心者からマニアまで楽しめる『「今」こそ見るべき海外ドラマ』(星海社新書)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太