1回死んだ、知らない人とルームシェア…納言・薄幸の2020年個人的ニュースベスト3

2021.1.1


3位 1回死んだ

よく人間は“死ぬほどうれしい”とか、“死ぬほど〜~”という言葉をたとえで使うことがあると思うのだが、私はスベり過ぎて、本当に1回死んだことがある。

コロナ騒動もまったく無かったころ、そうそうたる顔触れの先輩たちに混じって、とある番組の収録に参加させてもらったときのこと。2時間ほどの収録だったのだが、体感4年に感じるほどに、それはそれはもう、お見事にスベった。

同じくらいスベったはずなのに、収録終わりの楽屋で、頬を破こうとしてんのか?ってくらい、シャケ弁を頬張っている相方に対して、食欲をなくしな!という、二度と使わないであろう注意をしたくらいだ。

もし、たまたま床にスタンガンが落ちていたら、躊躇することなく相方に放電をかましていただろう。よかったな相方。たまたま床にスタンガンが落ちてなくってさ。

そんな悔しい収録の帰り道。

両足4キロの重りをつけて歩いて帰らされても、なんの文句も言えない出来だったのに、ありがたいことに番組側がタクシーチケットを用意してくれたので、それを使ってタクシーで帰宅していた。

もちろん、これぞ絶望!!!という顔をしながら乗っていたのだが、しばらくすると、車内中に、何かが燃えたような匂いが充満してきたのだ。

運転手さんも不思議がっていたが、タクシー自体には異常はなさそうだ。すると運転手さんが、ハッとした顔をしたかと思うと、こう言葉を発した。

「これは、線香の匂いだなあ」

ぼくは、幸せだなあ。みたいな加山雄三風の言い方が気にはなったが、確かにそのとおりだった。線香の匂いが、タクシー中に広がっていたのだ。運転手さんもこんなこと初めてらしい。

あの匂いは、確実に私から漂っていた。

私はこの日、本当にちょっと死んだのだ。死ぬほどスベったと思っていたけど、スベり過ぎて本当に死んだのだ。人間って、いや、芸人ってスベり過ぎると死ぬ生き物なのだ。

なんだかいろいろ勉強になった日だった。

その証拠に、先輩から救いの飲みの誘いが来たくらいから少しずつ線香の匂いは薄れていった。その日の酒は、しょっぱかったぜ。。。

知らない人と始めたルームシェア


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

薄幸(納言)

(すすき・みゆき)お笑い芸人。1993年生まれ、千葉県出身。安部紀克との男女コンビ「納言」のメンバー。「三茶の女は返事が小せえな」「渋谷はもうバイオハザードみてえな街だな」など“街ディス”ネタが人気のコンビ。バラエティでは薄幸のヘビースモーカーっぷりや大酒飲みのやさぐれキャラクターにも注目が集まって..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。