説明責任をスルーする菅政権が生み出す推測ゲーム。「動員」の時代から次のフェーズへ

2020.11.10


可視化への欲望を高めつづけるツイッターの影響

パンス 説明責任を果たさない、という問題は安倍政権のころから指摘されてたけど、もう完全に説明しないとこうなるんだな、というのを見せつけられてるような感じがあるね。よく「分断が起こっている」と言われるけど、みんなが完全に「分断するぞ!」と判断してやっているわけではなくて、ある程度こうした政権の振る舞いとか、議論をする環境に左右されちゃうなと僕は捉えていて。
その環境こそが、いまはSNSになるわけです。敵とされる人や組織の内心を「暴く」こと自体が意見表明になっちゃうような雰囲気があるんだけど、それって一歩踏み外すと陰謀論にもつながっちゃう。

桜を見る会、森友・加計学園、高検検事長の定年延長など、安倍政権で取り沙汰された問題の行方は……

コメカ そもそも個々の「内心」は他人からは不可視のものであって、だからこそ論理的な言葉を用いた説明やコミュニケーションを通して諸々の問題に取り組んでいきましょう、というのがまあ近代的な合意であったはずなんだけど、SNSが普及すればするほど、その合意が壊れていってる感じがするね。
ツイッターにしてもさ、あれは個々の「内心」というか自意識が無防備に丸出しになりがちな場所じゃない? あそこではどんどんとこう、「内心」の可視化への欲望が人々の間に高まりつづけている感じがするんだよね。デマや陰謀論というのも、「あれは表からはこう見えるけど、裏側は本当はこうなっているんだ」みたいな、可視化への欲望だよね。イデオロギーの傾向とは別の水準で、「世界の裏側は本当はこうなっているんだ」みたいな感じで、「隠された真実」へのアクセスをしたがる人が異様に増えている。
でもさっきも言ったけど、近代的な価値観としてはさ、可視化し得る論理や言葉に社会的コミュニケーションの論拠を置くべきっていう話だったはずなんだよね(笑)。そこのプライオリティが下がってきているからこそ、政府も説明責任を果たさなくてもやっていけちゃう状況になっちゃってる。国民側も、権力に対して理屈で批判や糾弾をすることよりもむしろ、ネットで問題を「ネタ」化してみんなであーだこーだ言ってこねくり回すことばかりに時間を取られがちになっていくという……。

パンス これねーけっこう難しくて、たとえば自分たちがやってるような批評的なるものにも通じてきちゃうんだよね。「内心はこうなっているのでは」といって分析していくという営為。これをやり過ぎるとトンデモになってしまう傾向があると思ってて、わりと気をつけてる。
トンデモや陰謀論というのは、披露したらまわりの人も共感してくれたりする。最近では「社会を語る」とか「批評する」行為も割と近くなっちゃってて、ツイッターとかでみんなにサクッと共感されるほうに自分を合わせ過ぎてると、原理原則からズレてきたりして。

2010年代は「動員」の時代だった。そして、次のフェーズへ

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

TVOD

コメカ(早春書店)とパンスによるテキストユニット。サブカルチャーや社会についての批評活動を、さまざまなメディアで展開中。2020年1月に発売したTVODとしての単著『ポスト・サブカル 焼け跡派』(百万年書房)では、70年代以降のさまざまなミュージシャンやアーティストを、「キャラクター」としての角度か..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太