ネット・職場の「謎ルール」と日本社会の同調圧力に呆れ果てた(中川淳一郎)

2020.9.22


「謎ルール」によって本来の自由さが失われていく

なぜ、このような言葉が誕生するのかといえば、あまりにも日本人が「礼儀」と「筋を通す」を重視し過ぎてきたからではないか、と考える。だからこそ「無断フォロー禁止」「無断リツイート禁止」という、意味不明な言葉さえ生まれてしまうのである。

ツイッターの機能としてフォローもリツイートも自由にできるのだから、「無断」もクソもないと思うのだが、違和感を持った人がこうした「謎ルール」を作り、本来自由だったはずのネットという空間を窮屈なものにしていくのである。

外国人とメールのやり取りをすると「お世話になります」なんてことは一切書かない。だが、仕事上で付き合いがある日本人同士であればこの言葉は「必須」だと考える人はかなり多い。

とはいっても「別にお世話になっていねぇよな」と本心では思っているわけなのに、作法としてこの一文を入れている。

日本社会の同調圧力にもう呆れ果てた

謝罪大国ニッポン
『謝罪大国ニッポン』/中川淳一郎/講談社

私自身、『プレジデントオンライン』で「私は緊急着陸を招いた『マスク拒否おじさん』にむしろエールを送りたい」という記事を執筆したが、これにはとんでもない量の批判が寄せられた。アクセス数も凄まじかったし、配信先の『Yahoo!ニュース』では約11000件のコメントがつき、ほぼ私とマスク拒否男性への批判。私個人のツイッターにも多数の批判が寄せられた。

もはや日本でコロナは大したウイルスではない。何しろ若者が死んでいないのだから。それなのに、マスク着用を猛烈に求める日本の「空気感」というものは、ネット上のよくわからん「謎ルール」につながるのである。

日本人は一生自主規制をし、互いに監視し合っておけよ、としか思えない。呆れ果てた。

QJWebを応援してくださる方、サポートをお願いします。今後の運営に活用いたします。

この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

中川淳一郎

(なかがわ・じゅんいちろう)ネットニュース編集者。1973年東京都出身。1997年博報堂入社、CC局(現PR戦略局)配属。2001年退社。以後無職、ライター、雑誌編集者などを経て現在はウェブメディア中心の編集者に。ひたすらネット上の珍騒動や事件を毎日テキストファイルに記録する生活を長年つづけている。