コロナで判決が延期「乳腺外科医わいせつ事件」の問題点(小川たまか)

2020.4.21

文=小川たまか 編集=田島太陽


4月15日、高裁(控訴審)判決が出る予定だったある事件が、コロナウイルス感染拡大の影響を受け延期となった。

2016年、都内の病院で右胸の乳腺腫瘍を摘出する手術を受けた女性が、術後、執刀医に胸を舐められたと被害を訴えた事件である。医師は準強制わいせつ罪で逮捕・起訴されるも冤罪を主張し、12人の弁護団で裁判に臨んだ地裁では無罪が言い渡されていた。

性暴力などに精通するライターの小川たまかが、事件と裁判をめぐる問題点を解説する。「医療現場の働き方」にも通ずる争点とは?

コロナの影響で裁判も続々延期に

右を見てもコロナ、左を見てもコロナのニュースがつづいています。このご時世、コロナ関連以外の記事が読まれづらくなっているのが、木っ端ライターとしてはなかなかツラいところです。2月ごろ、今よりずっとのほほんとしていた時期でも、PVを取るのはコロナ関連でした。目に見えて街から人が減るより前から危機感は募っていたんですよね。コロナは敵だし、ライバル……。

3月は個人的に大注目していた性犯罪事件の判決がありましたが、これの傍聴記事も思ったよりも伸びず(名古屋高裁の、実父から娘への準強制性交等事件の裁判です。逆転の有罪判決が出ました)。

とはいえ、3月はまだ裁判ができてました。「密!」を防ぐために傍聴席が両側2席ずつ空けられ、抽選倍率が厳しくなったものの、いったん中に入ってしまえばいつもより快適空間だったのに。4月には、延期となる裁判も続々と出てきました。

「これが有罪になったら怖くて女性の手術はできない」

4月15日、とある性犯罪事件の高裁(控訴審)判決が出る予定でしたが、これも延期に。乳腺外科医の男性が、手術後の女性患者の胸を舐めたとされる、準強制わいせつ事件です。

昨年2月に東京地裁で無罪判決となり、その後検察が控訴。判決前から「冤罪」ではないか、被害者が麻酔後の「せん妄」(意識内容の変化)で性的な妄想を見たのではないかと報じられていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

医療従事者からは「これが有罪になったら怖くて女性の手術はできない」などという声も聞かれ、医師側の弁護団はなんと12人! 主任弁護士は、ゴーン事件でもたびたびメディアに登場して宮崎駿似と話題になっていた、刑事弁護のレジェンドと言われる高野隆弁護士です。

私は普段、性暴力被害者や支援者の取材を多くしています。この事件についての話は事件発生後から報道を見ていましたが、深く関心を持ち始めたのは裁判を見た人から次のように聞いてからです。

「弁護団が、医師が撮影した女性の裸の胸(患部)の写真を、法廷で傍聴席からも見えるプロジェクターに映そうとした。とても驚いた」

要約すると、そんな内容でした。さすがに裁判長が制止し、写真が映されることはなかったそうです。医師側の弁護団としては、「顔が映っているわけじゃないんだからいいじゃないか」ということだったのかもしれないのですが、そ、そんなわけないじゃん……。

注目される事件、されない事件

冤罪かどうかの話とは別に、こういうやり方は被害者へのプレッシャーになります。プレッシャーといえば、地裁の判決日や控訴審の期日には、裁判所前に医師側の支援者が駆けつけ、マイクを持って「冤罪を許してはいけない」のスピーチ。チラシも配っていました。

法廷の前にいると、医師側の支援者だと間違えられて「不当判決が出るかもしれないけれど許してはいけませんね」と声をかけられたこともありました。なんていうか、そのぐらいアウェイでした。医師側の支援者から当選した傍聴券をもらっているジャーナリストもいました。

たとえば昨年の伊藤詩織さんの民事訴訟では、傍聴席は詩織さんの支援者がほとんど。記者たちも、かなり詩織さんを応援していました。3月12日の名古屋高裁(実父から娘への準強制性交等事件)も、裁判所前で被害者を支援する人たちがスタンディング。

法廷の外でどんなアピールが行われるか、どちらに多くの支援者がつくかは世論や報道によるところも大きく、また報道も世論に流されるところがあり、一種の残酷さも感じます。もちろん、騒がれず注目されずマスコミも報じず、人知れずひっそりと終わっていく裁判もたくさんあります(注目されたくない人もいるので、関心が集まればいいというものでもありませんが)。

これは医療業界の働き方を問う事件でもある


この記事が掲載されているカテゴリ

ARTICLE LIST

小川たまかさんの関連記事一覧

小川たまかさんの
新着・人気記事をお知らせします。