いとうせいこう×上田晋也「不得意を怖がらない」から“おもしろさ”は生まれる

2020.1.15
いとうせいこう×上田晋也

文=鈴木 工 撮影=木村心保


くりぃむしちゅー上田晋也は、いとうせいこうを“恩人”と表現する。かつて放送されていた『虎の門』(テレビ朝日)内で「うんちく王」が始まり、上田にスポットライトが当たったのは、いとうせいこうのあと押しがあったからだった。

上田以外にもいとうにフックアップされた人間は芸能界に多いが、その共通点はどこにあるのだろうか。上田がその謎に迫る。

※本記事は、2016年9月1日に発売された『クイック・ジャパン』vol.127掲載のインタビューを再構成したものです。

「うんちく王」は断るつもりだった

クイック・ジャパン vol.127
『クイック・ジャパン』vol.127

上田晋也(以下、上田) 対談のテーマが「いとうせいこうは何者なのか」。僕も知りたかったんです。作家でもあり、文化人でもあり、タレントでもあり……。千の顔を持つミル・マスカラスみたいなもんですよね(笑)。

いとうせいこう(以下、いとう) いやー。上田くんだってジャンルおかしなことになってるでしょ。政治やスポーツの番組を担当して。

上田 でも僕はTVという枠の中でやらせてもらってるだけですからね。でも俺ですら、元幕僚長に集団的自衛権について聞いた後、深夜番組でミニスカートはいてると、「何やってるんだろう?」と思うことがあるんですよ(笑)。

いとう ふと我に返ると、あるね。でも我に返らなくていい職業だし、振り幅が大きいほど快感なわけで、それなら思い切り振っちゃえと。だって上田くんのバカボン、よかったよ。

上田 ありがとうございます。あれはせいこうさんに昔「似てるから、やれば?」って言われたのがきっかけで。

いとう マジメな番組で仕切るイメージが強すぎるから、バカなことやる上田も必要だと。

上田 僕の仕事が増えたのは、そうやってせいこうさんがプッシュしてくれたおかげですよ。『虎の門』(01~08年、テレビ朝日系の深夜番組)のせいこうさんが仕切る討論コーナー「朝まで生どっち」に呼ばれて、くだらないテーマに無理やり経済効果を持ち出したりして議論してたら、その後、番組内で「うんちく王」が始まった。

いとう あれはすごかった。

上田 でも1回目の放送が終わった時、俺はマネージャーに「あの仕事は断れ」と言ったんです(笑)。うんちく知らないのに適当な話術でごまかしただけで、これは洒落にならんぞと。そうしたらまたオファーが来て、どうもせいこうさんが上田を呼べと言ってるらしい。それでしょうがないから必死に勉強を始めたんです。

いとう なんで声をかけたかというと、話を振られると「ちょっと待ってくださいよ!」の間もなく、オチもわからないで話す上田くんのスピード感がすごかったから、これは勇気あるなって。俺は悪条件でもケツを持つヤツが好きなの。その能力が世間に伝わってなくても、生放送でやりとりすればすぐわかった。

上田 あの時呼んでくれなかったら、いまだにくすぶってたかもしれない。さらに相方のことも気にかけてくれたじゃないですか。

いとう 「上田がうんちく王でブレイクしたから、有田はしりとり王を狙え!」と仕掛けたら、あいつはすぐ逃げちゃったんだ(笑)。

「上田も昔は人殺しみたいな目をしていた」


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全1枚)


ARTICLE LIST

鈴木 工さんの関連記事一覧

鈴木 工さんの
新着・人気記事をお知らせします。