いとうせいこう×上田晋也「不得意を怖がらない」から“おもしろさ”は生まれる

2020.1.15
いとうせいこう×上田晋也

文=鈴木 工 撮影=木村心保


くりぃむしちゅー上田晋也は、いとうせいこうを“恩人”と表現する。かつて放送されていた『虎の門』(テレビ朝日)内で「うんちく王」が始まり、上田にスポットライトが当たったのは、いとうせいこうのあと押しがあったからだった。

上田以外にもいとうにフックアップされた人間は芸能界に多いが、その共通点はどこにあるのだろうか。上田がその謎に迫る。

※本記事は、2016年9月1日に発売された『クイック・ジャパン』vol.127掲載のインタビューを再構成したものです。


「うんちく王」は断るつもりだった

クイック・ジャパン vol.127
『クイック・ジャパン』vol.127

上田晋也(以下、上田) 対談のテーマが「いとうせいこうは何者なのか」。僕も知りたかったんです。作家でもあり、文化人でもあり、タレントでもあり……。千の顔を持つミル・マスカラスみたいなもんですよね(笑)。

いとうせいこう(以下、いとう) いやー。上田くんだってジャンルおかしなことになってるでしょ。政治やスポーツの番組を担当して。

上田 でも僕はTVという枠の中でやらせてもらってるだけですからね。でも俺ですら、元幕僚長に集団的自衛権について聞いた後、深夜番組でミニスカートはいてると、「何やってるんだろう?」と思うことがあるんですよ(笑)。

いとう ふと我に返ると、あるね。でも我に返らなくていい職業だし、振り幅が大きいほど快感なわけで、それなら思い切り振っちゃえと。だって上田くんのバカボン、よかったよ。

上田 ありがとうございます。あれはせいこうさんに昔「似てるから、やれば?」って言われたのがきっかけで。

いとう マジメな番組で仕切るイメージが強すぎるから、バカなことやる上田も必要だと。

上田 僕の仕事が増えたのは、そうやってせいこうさんがプッシュしてくれたおかげですよ。『虎の門』(01~08年、テレビ朝日系の深夜番組)のせいこうさんが仕切る討論コーナー「朝まで生どっち」に呼ばれて、くだらないテーマに無理やり経済効果を持ち出したりして議論してたら、その後、番組内で「うんちく王」が始まった。

いとう あれはすごかった。

上田 でも1回目の放送が終わった時、俺はマネージャーに「あの仕事は断れ」と言ったんです(笑)。うんちく知らないのに適当な話術でごまかしただけで、これは洒落にならんぞと。そうしたらまたオファーが来て、どうもせいこうさんが上田を呼べと言ってるらしい。それでしょうがないから必死に勉強を始めたんです。

いとう なんで声をかけたかというと、話を振られると「ちょっと待ってくださいよ!」の間もなく、オチもわからないで話す上田くんのスピード感がすごかったから、これは勇気あるなって。俺は悪条件でもケツを持つヤツが好きなの。その能力が世間に伝わってなくても、生放送でやりとりすればすぐわかった。

上田 あの時呼んでくれなかったら、いまだにくすぶってたかもしれない。さらに相方のことも気にかけてくれたじゃないですか。

いとう 「上田がうんちく王でブレイクしたから、有田はしりとり王を狙え!」と仕掛けたら、あいつはすぐ逃げちゃったんだ(笑)。

「上田も昔は人殺しみたいな目をしていた」

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

鈴木 工

(すずき・たくみ)ライター。雑誌『プレジデント』、『芸人芸人芸人』など、芸人関係からビジネスまで執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太