蛙亭・中野「僕がなにをすればネタをもっと面白く見せられるか」

2021.10.12
蛙亭中野

文=安里和哲 撮影=信岡麻美 編集=福田 駿


抜群の演技力で、アドリブもお手の物。相方に「天才」と称され頼られる男、蛙亭・中野。圧倒的な自己肯定力。何事にも動じない無敵ぶり。強靭なメンタル。令和のコント界を牛耳るのは、この男かもしれない。

『芸人雑誌 volume4』(9月25日発売)は、蛙亭のイワクラ、中野周平それぞれのソロインタビューを収録。さらに丸善ジュンク堂書店全店、honto限定で蛙亭バージョンの表紙を発売。今回は特別に、中野周平のソロインタビューを全文公開!

【関連】狂気と哲学性をミックスさせた蛙亭のコントについて


キャラクターがコントっぽくしゃべってる風には絶対したくない

芸人雑誌volume4
蛙亭表紙ver『芸人雑誌 volume4』(丸善ジュンク堂書店全店、honto限定で発売)

——『ABCお笑いグランプリ』の審査員だった、かまいたち・山内さんを筆頭に、中野さんの演技を絶賛する声は多いです。評価の理由を、どのように自己分析されてますか?

中野 いやぁ、自分では上手いとかわからないですし、別になんも特別なことしてないんですよ。ただみなさんがそうおっしゃるなら、得意なんでしょうね。ずっとコントを続けるうちに自然と身についたと言いますか。演技をめっちゃ磨こうというより、コントの設定のリアリティを追求してたら、リアルっぽく見えるようになったのかなと。

——演じる上での方法論はありますか?

中野 方法論かはわからないですけど、自分なりのキャラの作り方はありますよ。たとえば、どんなネタでもキャラクターのバックボーンは考えて、その上から肉付けしてます。イワクラは重要なポイント以外のセリフは基本お任せしてくるので、展開とキャラクターに合わせたセリフは自分で考えてますね。キャラクターがコントっぽくしゃべってる風には絶対したくないんで、リアリティを意識します。動作も少しずつ変えて試行錯誤してるんですよ。「コイツならここで立ち上がる。けど、なんもしゃべらん」とか。

——そういう中野さんのコントでの言動を受けて、思わず笑ってしまうイワクラさんの姿が印象的です。

中野 イワクラのツボは知ってるんで、こうすれば笑うだろうなっていうのはわかるんですよ。でもやりすぎると飽きられちゃうんで、そこをちょっとずつ変えたりしてます。「マッチングアプリ」や「絵描きのしゅうちゃん」、「電車」、「レンタル彼氏」なんかは、設定とキャラだけあって、僕が大喜利的にアドリブを足していく。そのアドリブで、イワクラをどれだけ笑わせられるか。そこが勝負だったりしますね。何度も演じるうちに「コイツはレンタル彼氏として初出勤なんだろうな」とか「手もつないだことないヤツ」とかキャラが固まってくるのも、やってて面白いです。

蛙亭・中野周平

——イワクラさんを笑わせる大喜利的なコントがある一方で、しっかり台本をなぞるネタもあります。

中野 賞レース用のネタはそうでしょうね。『ABCお笑いグランプリ』でやった「自転車撤去」は、ボケらしいボケはあんまなくて、しっかり展開を見せるコントでした。

——展開と裏切りで笑わせていくというか。

中野 はい。そのために、わりとしっかり目に演技してますね。あのコントの面白さって、設定と役の温度差じゃないですか。だから、笑ってほしいところ以外は違和感なく見てもらえるような演技が必要なんですよ。

——設定と役の温度差?

中野 言ってしまえばそこまで重要じゃない自転車撤去に、女の人とおっさんが熱くなってる。“コト”のショボさと、キャラクターの一心不乱さの温度差が面白いんで、演技の精度が上がれば上がるほど、面白くなると言いますか……。

——なるほど。賞レースではアドリブ的な大喜利よりも、やはり演技的なアプローチがいいですか?

中野 僕自身は、凝った設定ってそこまで好きじゃなくて、基本ラクに見てもらいたいタイプなんですよ。僕としては面白かったらどっちでもいいんですけど……。賞レースは特別ですね。お客さんも凝ったものが見たいでしょうし、ただ笑ってもらおうと思ってやると、ちょっと厳しい。だから設定もある程度作り込む必要があったりして。

『SLAM DUNK』の流川楓になりたいんですよ

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

安里和哲

Written by

安里和哲

(あさと・かずあき)ライター。1990年、沖縄県生まれ。ブログ『ひとつ恋でもしてみようか』(https://massarassa.hatenablog.com/)に日記や感想文を書く。趣味範囲は、映画、音楽、寄席演芸、お笑い、ラジオなど。執筆経験『クイック・ジャパン』『週刊SPA!』『Maybe!』..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太