Gパンパンダ×令和ロマンの早慶お笑い対談(1)大学お笑いサークル芸人は、いかにしてプロの世界へ飛び込むのか?

2021.7.10

学生芸人からプロへ行く流れのターニングポイントは『わらゼミ』

——令和ロマン(当時は魔人無骨)を組んだのはいつごろですか?

令和ロマン
用意した年表にその場で書き込む令和ロマン

ケムリ メロメロ産業が終わった瞬間ですね。

くるま 組んだのは2015年の夏以降。

ケムリ その前までメロメロ産業で『わらゼミ』出てましたから。

星野 『わらいのゼミナール』ね。

※『わらいのゼミナール』(通称『わらゼミ』)
『学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!』(テレビ朝日)から生まれた企画のひとつ。2011年から2015年頃まで、学生芸人のライブやコンテストが行われていた。現在プロとして活躍している、真空ジェシカやストレッチーズ、さすらいラビー、サンストレンジ(ママタルト檜原洋平が以前組んでいたコンビ)などが参加していた。

Gパンパンダ
令和ロマンが年表に書き込む様子を見る先輩のGパンパンダ

一平 俺ら初回のオーディション行ったもんね。 

星野 僕らが高校3年生のときの3月だね。そのあたりで初めて、大学生でお笑いやってる人たちに会った印象がありますね。

一平 そのときに人力舎のスパナペンチ(現在は解散)とかがすごくて!

ケムリ スパナペンチが『THE MANZAI』(フジテレビ)の認定漫才師になったりとか、真空ジェシカさんもそのくらいの代で。

くるま そこがひとつの大きなターニングポイントになってますね。スパナペンチと真空ジェシカが人力舎にスカウトで入って、「学生芸人がすごいらしいぞ」ってプロ側の人に認識され始めた気がする。

大学お笑い年表1

一平 そこから学生芸人もプロのステージで戦うような流れになってきた。

くるま 真空ジェシカ川北(茂澄)さんの『R-1ぐらんぷり』準決勝進出も大きいんじゃないですか。

星野 大学お笑いの団体戦に川北さんがピンで出ていて、「R-1準決に出た人がいる……すごい……」みたいになりましたね。

——学生お笑いからプロに行く流れが、どのあたりから増え始めたのかは気になりますね。

一平 我々のよく知る大学お笑いでいうと、ハナコの岡部(大)さんが入ったところあたりから?

くるま それは個人的に入る流れじゃないですかね。お笑いサークルで積み上げてきたというよりは、「プロになりたい」とサークルに入る時点ですでに思っていて、プロになる機会を得て進んでいく感じ。アンゴラ村長とかも。

星野 大学お笑いからの積み上げで言うなら、ストレッチーズくらいからじゃないですか?

一平 だからやっぱり、『わらゼミ』はめちゃくちゃ大事。

——昔に比べて「大学お笑い出身」がブランドのようなものになっている印象もあります。その転換期はどのあたりなんですかね?

くるま 転換と言えるかどうかはわからないけど、『NOROSHI』の存在は大きいんじゃないかな。 

大学お笑い年表2

——それこそGパンパンダさんのチームが『NOROSHI』で優勝されて、きっとそのインパクトも大きいんじゃないかと……。

星野 あら、うれしい。

一平 Gパンインパクト?

くるま それは大きいですよ!! 俺はGパンインパクトから逃げてO-keis入ってますから!!

——どういうことですか?

くるま 大学1年生のとき、「早稲田のお笑いサークルに入ろうかな」と思って、LUDOの新歓ライブに行ったんです。でも、あまりにみんなおもしろ過ぎて、「ここではもう何もできないな」と思って、逃げたんですよ。まんぷくユナイテッドとか、サーフボードストレッチとか、名だたる人たちがいて……。それでLUDOに入るのをやめたんです。

組織として強いLUDO、カリスマが牽引するO-keis


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全10枚)


ARTICLE LIST

ふたつぎさんの関連記事一覧

ふたつぎさんの
新着・人気記事をお知らせします。