後藤拓実「野望はないし、どう転んでもいい」四千頭身が自然体でいられる理由

2021.3.5

サボらなければ、なんとでもなる

──これからも芸人をつづけていく未来は見えていますか?

やっぱり、今は自分から辞めようとは思わないですね。ここまでやってきて、せっかく認知してもらったんで、やらせてもらえるうちはやりたいなっていう感じです。地方の営業に行ったら、僕らを見て「わーっ!」って喜んでくれる人がいるんで。あ、それが一番うれしいかもしれないですね、芸人やってて。

──それがあるからつづけられる。

そうですね、それでつづけられますね。やっぱりうれしいです、僕らを待っててくれる人がいっぱいいるって。テレビの収録だとわからないじゃないですか。SNSでもいいことを言ってくれる人はいるけど、やっぱり悪いことのほうが書かれるんで。だからやっぱり、地方営業が最高ですね。

──芸人としての野望はありますか?「ゴールデンで冠番組を持ちたい」とか。

ないです。そういうの考えちゃうと、空回りしちゃう気がするんで、考えないようにしてますね。あんまり先のことは考えてないです。

──そういうスタンスだからこそ、四千頭身さんは3人共自然体でいられるのかもしれないですね。

だから、どっちに転んでもいいなって思うんです。たとえばこれからテレビの仕事が減ったとしても、そしたら漫才に集中できますし、今はYouTubeもありますから。今は忙しくて中途半端になっちゃってることを、時間があればもっと伸ばせるかもしれないんで。そうすればまた休みもなくなって忙しくなると思いますけど……。だから、結局なんとでもなる気がしますね、サボらなければ。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全7枚)


  • 【総力特集】四千頭身

    【総力特集】四千頭身 静かな情熱、飾らないスタイル

    飄々としていて、掴みどころがなく、特異な存在感を放つ四千頭身。
    都築拓紀、石橋遼大、後藤拓実のそれぞれにインタビューを行い、三者三様の情熱・スタイル・戦い方を解き明かす。

    関連リンク


山本大樹

ARTICLE LIST

山本大樹さんの関連記事一覧

山本大樹さんの
新着・人気記事をお知らせします。