寺嶋由芙が変えたいこと。アイドルを<仕事>にするために「“変だな”と思うことを我慢したくない」

2021.1.25


すべてのことに“まじめに”はいられないけど

かつてはオーディションに幾度となく落選した。門前払いされる年齢になっても、諦めることなく、自ら決めたキャッチフレーズに背かないように、“まじめに”アイドル活動をつづけてきた。そんな経験があるからこそ、「好きなことを始めるのは、いつだっていい」と断言する。

「憧れていたアイドルグループに初めて入れたのは、年齢制限で受けられるオーディションがほとんどなくなったから、シンガーになろうという不純な動機でした。悩んだ末にグループを離れたら、大人のアイドルも受け入れてくれる時代が訪れつつあった。ほかにも今の世の中で、まだ広く認知されていないジャンルだとしても、やってみたら意外となんとかなることは多いはず。そう思えたら、一歩踏み出せるかもしれません」

「どんな動機であれ、目の前のことをまじめにやりつづけていけば、きっと誰かに、私にとっての加茂さん(加茂啓太郎/プロデューサー)や、レコード会社のみなさんやヲタクのみんなのような存在に見つけてもらえるんじゃないかって、今なら思います」

自称する“まじめ”という言葉の呪縛に囚われることはなかったのだろうか。

「自分で言うほど、まじめなのかどうか……。まじめで困ったことはないし、もっとおもしろい“まじめ“エピソードがあればいいのにって思うんですけど、ないんですよね(笑)。自分にとっては当たり前のことなので。強いて言うなら、『まじめな人は損をしがちだよね』って言われることが多くて、でも、真剣に取り組む人が報われる世界になったらいいなと思います

「まじめに納税していたら給付金で助けてもらえるし、まじめに活動していたら助けてくださる方々に出会えた。そういうラッキーな出会いがあると信じて、まじめに生きていくしかないなって思うんです」

つらいことには無理に立ち向かわず、逃げることも認められる世の中になってきた。もし逃げたいほどの現実があったとしたら、どう向き合うだろうか。

「もちろん、逃げてもいいと思います。私も、体調が悪くて一番つらいときはライブにも出られなかったです。でも、チケットを買ってくれた人がいるなら最後までやり遂げたいとも思ったんですよね。だから、何かを辞める、何かから逃げるとしても、応援してくれる人や協力してくれた人に対してうしろめたいことがない状態にしたいんです。自分では“あほ律儀”って言ってるんですけど(笑)」

「すべてのことに“まじめに”はいられないけど、本当に大切なことは譲りたくない。何に対して“まじめに”いるのか、が大切かもしれないですね。だから逃げるときも、私はまじめに逃げると思います

そんな彼女が見据える未来とは。

「こういう話をすると、『自分の信じる道を進んでいるから規模が小さくても満足している』って思われがちなんですが……。もっとたくさんの人に曲を聴いてもらいたいし、もっと大きなステージに立ちたいと、強く思っています。モーニング娘。になるのは諦めたけど、同じような規模で活動することを諦めたわけではないんです。それはぜひみなさんにも知っておいていただきたいですし、これからも応援していただけたらうれしいです」

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

森 ユースケ

(もり・ゆーすけ)1987年生まれ。東京都出身。毎日ウルトラ怪獣のTシャツを着ているライター/編集。インドネシアの新聞社勤務、国会議員秘書、週刊誌記者を経て現職。近年は企業のオウンドメディア編集も担当。オリックス・バファローズファン。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太