『高円寺チャンネル』誕生秘話「高円寺の街が本当に苦しんでるから」そいつどいつ市川刺身に全部聞く1

2020.11.26

2.鬼越トマホーク坂井良多~高円寺はコンプレックスとかさらけ出さなきゃいけない街

坂井さんからの電話。
「もすぃもすぃおさすぃみ?」
「あれれ?その声は坂井さん?おさすぃみですよ!」
「おさすぃみさんだ!今日も電話しちゃって、げめんね!今どこにいるの?ご飯でも食べない?」
「いっちゃお!実は今、坂井さんの家の近くを歩いてるよ!」
「わぁ!ちょっとそれは無修正すぎるよ!鍵開けとくね!」
「坂井さ~ん!来ちゃったよ!」
「おさすぃみだー!俺の精神安定剤おさすぃみ!ちょっと筋トレするから見てて!」
「オッケイ!見ちゃうね!」
「ハァハァ!」
僕は今年31歳で坂井さんは今年35歳。
楽しいです。
坂井さんとのお喋りに夢中になっていたら、行こうと思っていたお店が閉まってしまったこともある。
「えいす(アイス)食べよ!えいすえいすー(アイスアイスー)!」と言ってガリガリ君の乳酸菌味を買い物カゴに10本ぐらい入れちゃう。
見た目と違って可愛い一面が溢れてる。
僕が会ってる時の坂井さんはこんな感じだ。
嘘みたいな話だが最近じゃ坂井さんから電話がくる気がしたら、本当に電話がかかってくることだってある。
本当だ。
この前なんてラーメン屋の券売機の前で坂井さんから連絡くる気がして店を出たら、坂井さんから電話がかかってきた。
本当だ。
本屋で本を取ろうとしたら手と手が触れ合った人が坂井さんだった事もある。
本当です。信じてください。

そんな坂井さんが頻繁に僕をご飯に連れて行ってくれるようになりだしたとき、「刺身は何かコンプレックスあるんじゃないのか?」と聞いてきた。
「高円寺はコンプレックスとかさらけ出して言ってかなきゃいけない街だから」とまるでそれが国の法律かのように言ってきた。
この人は人をよく見てる。
この人に嘘はつけない。
高校時代に全校集会で変な事を言って笑いを取ったら「市川くん面白いね!」とイケてる女子に言われて喜んでたのに裏では「またガリハゲだよ」と陰で変なあだ名を付けられていた事とか、その他たくさんの学生時代に嫌だった事をいろいろ話した。
坂井さんは優しい相槌を入れながら聞いた。
話し終えると坂井さんが僕に言った。

「おさすぃみ。キモいよ。」

なんだよこの人。
あなたがそれを話せっていったのに!
おさすぃみキモいよって!
僕がキモい事なんて僕が一番分かってるのに!
こんなに信用できる人いないと思った。
坂井さんは嘘をつかないのだ。
僕の頭イカレヤバ話を「おさすぃみヤバイよ」と言って笑って聞いてくれる。
坂井さんは先輩だけど僕は友達のように思ってる。
マジ余談だけど誕生日も一緒だ。
あぁこんな事書いてたら坂井さんに会いたくなってきた。
「もすぃもすぃ?おさすぃみ?」
わぁ!坂井さん!
そろそろかかってくる頃だと思ってたよ!

(文/市川刺身)

【とんこど】鹿児島黒豚が高円寺で暴れていた

鬼越トマホーク坂井良多

スキンヘッドが特徴のコワモテで、東京NSC15期を主席で卒業。相方の金ちゃんと取っ組み合いを演じ、仲裁に来た人物に毒舌を浴びせるケンカ芸で注目を浴びている。

明日(11/27)のこのコーナーは「嶋佐和也編」「鈴木もぐら編」を掲載します。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全4枚)



さわだ

ARTICLE LIST

さわださんの関連記事一覧

さわださんの
新着・人気記事をお知らせします。