演歌は古い、という考えこそが古い。新たな解釈で紡がれた都はるみの9曲

2020.2.22


演歌は古い音楽なのか?

現に改めて原曲も聴いてみると、脳裏に情景が浮かび上がる巧みな音作り、楽曲で歌われる人物像を立体的に浮かび上がらせる都はるみの豊かな表現力は見事というほかなく、曲の背景にあるストーリーにまで自然と思いを馳せてしまうほどだ。力強いこぶし回しという圧倒的個性を発揮しながらも、曲ごとに異なる人物像を歌う都はるみの多彩さ、引き出しの多さには心底脱帽させられた。結局、原曲は都はるみの魅力を、本作は各アーティストの魅力を最大限に引き出すアレンジがされているという違いでしかないのだろう。

都はるみ歌唱のオリジナル曲ダイジェスト試聴

余談だが映像で見る彼女はより魅力的で、個人的には本作タイトルの由来にもなっている「好きになった人」で、<さよならさよなら 元気でいてね>と笑顔で歌う若かりしころの姿は、悲しい歌詞とのギャップが衝撃的なほど印象に残っている。

都はるみの魅力を改めて感じさせてくれたと同時に、演歌には未知の可能性があることを教えてくれた本作は、ただのトリビュートアルバム以上の意味を持っていると思う。演歌を古い音楽と考えている人も多いだろうが、実はまったく逆なのかもしれない。

アルバム『都はるみを好きになった人』ダイジェスト試聴

『都はるみを好きになった人 〜tribute to HARUMI MIYAKO〜』
2020年2月22日発売 ¥3,000円(税別)


この記事が掲載されているカテゴリ

タナカヒロシ

Written by

タナカヒロシ

1980年生まれの松坂世代。横浜市出身。今はなき音楽フリーマガジン「BG MAGAZINE」で、立ち上げから数年間、編集・ライターをしたのち、2008年10月からフリーランスに。邦楽を中心としたエンタメ記事、なりゆきで詳しくなったキャッシュレス関連の記事などを執筆。広めの守備範囲でギリギリ生き残る。..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太