JO1が『紅白』で見せた“緊張感”と“経験”。愛にあふれた「節目になる日」

2023.1.2
JO1『PROTOSTAR』

※トップ画像=JO1『PROTOSTAR』より
文=新 亜希子 編集=森田真規


2020年3月にデビューし、2022年の大晦日『第73回NHK紅白歌合戦』に出場を果たした11人組のグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」。

本稿では『NHK紅白歌合戦』でデビュー曲「無限大」を披露したJO1の様子を、本番でのパフォーマンスや当日のSNSなどを追いかけつつレポートする。


豆原一成の動揺であらわになった“緊張感”

2022年12月31日、グローバルボーイズグループ・JO1が『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

20時ごろ、11番手で登場したJO1。VTRにて「一糸乱れぬシンクロダンス」とパフォーマンスの見どころを紹介されたほか、デビューシングルから6作連続チャート1位の記録や、11月29日・30日に京セラドーム大阪で行われたアジア最大の音楽授賞式『2022 MAMA AWARDS』での受賞の瞬間も放送されるなど、積み重ねてきた偉業にもスポットライトが当たった。ライジングスターとして、期待を背負っての登場だ。

代表してコメントしたのは豆原一成。「めちゃめちゃ緊張しているんですけど、JO1という名前でも……覚えて……(帰ってほしい)」と、緊張のあまり噛んでしまう場面があった。常々「緊張はしない」と口にし、落ち着いている最年少が珍しくあらわにした動揺に、『紅白』という舞台が持つ独特な緊張感が伝わる。メンバー全員が、今にも「がんばれ」と駆け寄りたいような表情で耳を傾け、大平祥生、川尻蓮はとっさに豆原の肩を抱く。いつまでも失われない彼らの初々しさが、魅力として垣間見えたシーンだった。

応援ゲストとして、ロバートの秋山竜次が扮するキャラクター、“プロの取り巻き”こと白木善次郎が登場。白木と司会者らとの賑やかなやりとりにJO1から笑顔がこぼれ、いざステージに向かう足取りは軽い。カメラにポーズを取りながら、晴れやかな表情で大舞台へと向かった。

パフォーマンスが物語っていた“経験”

ここまではおそらく、テレビの向こうで見守っていたファンも緊張していたことだろう。しかしJO1の場合、パフォーマンスさえ始まってしまえばなんの不安もない。「どうぞ、見てくれ」という気持ちさえ湧いてくる。いつだって「いつもどおり」やれる、それだけの練習を重ねてきたことも、磨き上げてきた実力があることも知っているから。夜明け前のような静かなイントロと共に、11人で組み上げたフォーメーションが映し出される。川西拓実の歌い出しで、夢見ていたステージが幕を開けた。『NHK紅白歌合戦』で、11人で「無限大」を披露する瞬間が、ついにやってきた。

先ほどまでの緊張が嘘のよう。水を得た魚のようにいきいきと歌い踊り、楽曲コンセプトに沿った挑発的な表情を見せるメンバーたちは、不敵な笑みさえ浮かべている。河野純喜のパワフルボイスはまさに“炸裂”、與那城奨は自身のソロパート<広がっていくミライ>でロングトーンを響かせる。いつもどおり悠々と歩いて立ち位置につく姿も、リーダーの堂々たるものだ。

木全翔也、鶴房汐恩のラップのかけ合いには、通称「ただの友達」である彼ららしい空気が流れていた。メンバーであり、友人である互いと並んで立つ大舞台、ふたりの見せ場。その感触は世界中で彼らにしかわからないのだと思うと、うらやましくもなる。つづく白岩瑠姫、佐藤景瑚のパートには、初出場とは思えぬ異彩の華があった。次から次へと主役が出てくる、そんなステージだった。

印象的だったのは、<限界なし 制限なし 全てを賭けよう>のあと、同曲のPerformance Videoと同じカットでカメラ目線を決めた金城碧海。「無限大」発表当時よりも等身大ながら、さまざまを経験した今だからこその、自信に裏打ちされた精悍な顔つき。2022年に彼らが得たものは本当に大きく、それはつくづく言葉ではなくパフォーマンスが物語るのだと思った。

SNSでも話題を呼んだJAMとの“絆”


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

新 亜希子

Written by

新 亜希子

(しん・あきこ)エンタメ系ライター。音楽・アイドル・映画を中心に、インタビューやレポート、コラムやレビューを執筆。『シネマトゥデイ』『リアルサウンド』『日経エンタテインメント!』ほか。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。