MV3000万回再生、Spotify「国内バイラルチャート」1位…JO1がかつてない快進撃を見せている「SuperCali」旋風とは?

2022.11.1
JO1『MIDNIGHT SUN』(通常版)

※トップ画像=JO1『MIDNIGHT SUN』(通常盤)より
文・編集=QJWeb編集部


サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で選ばれた11人によるグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」。2020年3月にデビューし、コロナ禍の影響を受けて思うような活動をできていなかった彼らだが、10月12日にリリースした6THシングル『MIDNIGHT SUN』ではさまざまな「初」となる記録を達成し、ギアを上げてきた気配が感じられる。

『MIDNIGHT SUN』で特に注目されているのが、リード曲となる「SuperCali(スパカリ)」だ。MVがグループ初となる3000万回再生を達成したのをはじめ、TikTokでは西川貴教やkemio、かまいたち濱家、さらに「日プ」出身の盟友OWVメンバーとのダンスコラボを披露して大きな話題を呼んだ。

JO1が巻き起こしている「SuperCali」旋風を、ぜひ今からでもチェックしてみてほしい。


デビュー3年目、右肩上がりの成績を残しているJO1の“勢い”

11人組グローバルボーイズグループ・JO1が、最新作『MIDNIGHT SUN』にて快進撃を見せている。それも、これまでにはない新たな動きだ。

JO1は、2019年に開催されたオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』にて、6000人を超える応募者の中から視聴者投票で選ばれた11人によって結成。日本の吉本興業と、韓国のCJ ENMの合同会社「LAPONEエンタテインメント」初の所属グループとして、J-POPとK-POP、それぞれのカルチャーを取り入れ融合した、新たなジャンルを邁進中だ。

2020年3月4日にシングル『PROTOSTAR』にてデビューを果たした彼らは、現在までにリリースしたシングルすべてでオリコンウィークリーチャート1位を獲得。新設事務所所属のグループとして異例の記録を打ち立て、日本のボーイズグループ界に新たな波を巻き起こしている。そんなJO1が、10月12日に6THシングル『MIDNIGHT SUN』を発表したのだが──いよいよ本格的に、ギアを上げてきた気配がするのだ。

JO1|’Phobia’ PERFORMANCE VIDEO

まずはチャート成績。初日売り上げでは、自己最高を叩き出した前作『WANDERING』からさらに数字を伸ばし、36.6万枚を記録。ウィークリーチャートも、自己最高週間ポイントで1位に輝いた。また、Billboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート「Top Singles Sales」では60万枚以上の売り上げを記録し、全国31のFM/AMラジオ局におけるOA回数によるラジオ指標では初の1位を獲得。数字や順位はもちろんのこと、デビュー3年目にしてなお複数の「初」を記録し、右肩上がりの成績を残していることに着目したい。そこにこそ、現在のJO1の勢いを感じ取ることができる。

JO1が巻き起こす「SuperCali」旋風

JO1|’SuperCali’ Official MV

本作で特に注目を集めているのが、リード曲「SuperCali」だ。映画『メリー・ポピンズ』に登場する呪文「Supercalifragilisticexpialidocious(スパカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)」をサンプリングしたサビが印象的な同曲もまた、JO1にとっていくつもの「初」を記録し、グループの一般への周知拡大に貢献している。

リリースに先駆けて公開された同曲のPerformance Videoは、わずか2週間で1000万回再生を突破。リリース当日に公開したMusic Videoも、5日間で1000万回、9日間で2000万回と順調に数字を伸ばし、10月25日にはとうとう3000万回再生を超えた。これはグループ史上最速のペースであり、再生回数が2000万回再生を超えるのは、JO1のMusic Videoにおいて初めてのことである。

JO1|’SuperCali’ PERFORMANCE VIDEO

中毒性の高いメロディのみならず、サビのダンスでも注目を集める「SuperCali」。複雑だからこそ覚えたくなり、うまく音ハメができれば快感。ダンスチャレンジ向きの振り付けが、TikTokにうまくハマった。ファンや一般リスナー、ダンスインフルエンサーが踊るに留まらず、JO1自身も、西川貴教やkemio、かまいたち濱家隆一、OWVのメンバー・中川勝就&浦野秀太らと積極的にダンスコラボを行い、大きな話題を呼んだ。

@jo1_gotothetop #スパカリ With かまいたち 濱家さん🙏🏻ありがとうございました🎶#かまいたち #濱家隆一 #JO1 #河野純喜 #白岩瑠姫 #SuperCali ♬ SuperCali - JO1

TikTokでバズることにより、音源は多方面・他界隈へとどんどん拡散されていく。これまでJO1について深く知らなかった一般リスナーにも、SNSを通して広く「Supercalifragilisticexpialidocious」のフレーズが届いた。このことは、同曲が「SNSで今最も話題の曲」を示すSpotifyの「国内バイラルチャート」にて1位を獲得、長く好位置をキープしたことからも読み取れる。

10月10日には、同曲を引っ提げて『CDTV ライブ! ライブ!』(TBS)に出演。地上波にて、初のフルサイズ披露が実現した。ツイッター上ではファンの歓喜のみならず「JO1さん」がトレンド入り。TikTokやYouTubeで楽曲の一部のみを耳にしていたSNSユーザー、さらにはJO1初見の一般視聴者が新鮮な反応を示した結果であろう。

冬に向け、大型音楽番組への出演も期待したいところ。現時点では、11月10日放送の『ベストヒット歌謡祭2022』(日本テレビ)への出演が決定しているが、聴くほどに、見るほどにハマる同曲は一見の価値あり。JO1が巻き起こす「SuperCali」旋風、その勢いに引きつづき注目したい。


この記事の画像(全7枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太